テーマ:5A6シングルアンプ

5A6シングルアンプはいかがですか? 譲渡しました

増えすぎたアンプを減らすため、5A6シングルアンプを欲しい方に譲渡しようと思います。出力は1.2W+1.2Wなのでニアフィールドリスニングに適します。このアンプの詳細はこちら。 代金はかかったパーツ代の半額程度を考えています。ただシャーシ側面に不要な穴(ビスで穴塞ぎ)が開いていることなどから10,000円(送料込み)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・カソードバイパスコンデンサ変更

カソードバイパスコンデンサを追加した5A6シングルアンプだが、カソード~+Bへの信号ショートループのコンデンサを削除し、カソードバイパスコンデンサを増量する改造を行った。 回路図を上記に示す。C2を削除、C15を100μFから330μFへ増量した。 変更した真空管ソケット周り。コンデンサが奥まっていてハンダゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・電源トランスにゴムブッシュ 

電源トランスを春日無線のH9-0901に交換した5A6シングルアンプなのだが、部屋が静かだとリスニングポイントでも電源トランスの唸りが聞こえてくるのが気になっていた。いくら残留ノイズが低くても、こういった唸りが大きいと興ざめするよね。  やはり春日無線の電源トランスは唸りが大きい。カバーを被せると、そのカバーに電源トランスの振動が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・カソードバイパスコンデンサ追加

以前から気になっていた5A6シングルアンプの出力部にカソードバイパスコンデンサを追加してみた。 回路図を上記に示す。C15の100μF250Vがそれ。手持ちの関係でこの値とした。 画像右下に見えるすこし小さい電解コンデンサが追加したもの。 何か特性が変わるかと思って測定してみた。残留ノイズは変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・完成

拙71Aシングルアンプに変換ソケットを使って5A6を挿して聴いてみたら印象が良かったので、5A6シングルアンプとして仕立てることにした。 なるべく手持ちのパーツを使って手軽に製作するつもりだったのだが、流用した電源トランスの唸りが大きく、新たに電源トランスを購入して完成に至った。 回路図を上記に示す。基本的には7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・電源トランスの換装

ようやく春日無線から電源トランスが届いたので換装することにした。 これは唸る電源トランスを外して新しい電源トランス待ちの状態。 換装完了。+Bは両波整流に電源回路を変更。 回路図に測定した電圧を記入。+Bが高めに出たためR11を56kΩから62kΩに変更。+BはAC100V換算で272Vとなり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・雑感

5A6シングルアンプは電源トランスの入手待ちで止まっている。4日に春日無線へ発注し入金済なのだが入手は8日以降になりそう。忘れられているのだろうか。 (2021.05.07追記) 電話で確認したらやっぱり忘れられてた!代金振り込み済みのメールを出さないといけないのかしらん? (追記ここまで) 以前71Aシングルアンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・電源トランスを換装する

電源トランスの振動がトランスカバーに共鳴してブーンという音がするのが気になる。カバーをつけなければ気になるほどではない。でも元を断つには電源トランスの換装しかないと判断した。 変更した回路を上記に示す。電源トランスは春日無線のH9-0901で、シャーシに無加工で取り付けられることから採用。それに伴って電源回路が変更となり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・トランスカバーの再塗装

5A6シングルアンプのトランスカバーは傷やビニールの跡がついてしまっているので再塗装することにした。 塗装に使うスプレー。プラサフとマットのディープグリーン。このアサヒペンのスプレーに問題があった。 傷ついたところにプラサフを2度スプレーしてペーパーで均し、その後ディープグリーンを2回スプレーした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・残留ノイズ解析~詳細な特性測定

5A6シングルアンプのLchの残留ノイズが0.7mVと多いので解析した。 NFB入力の配線をSP端子からOPTに変更したが変わらず。原因はアンプ部のGND配線の取り回しと考えて試行錯誤する。結果は6Vの電解コンデンサのGNDのところからGND母線につなぐと残留ノイズが0.5mV程度になった。シールド線の取り回しをいじって残留ノイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・動作確認

5A6シングルアンプの配線チェックをする。RCA入力の抵抗値を測定したらボリュームの1番3番が逆になっていることがわかった。ボリュームをしばらくアンプに使っていなかったらこのざまだ。 間違っている配線。 ボリュームを外してシールド線をつなぎ直し、1番をGNDにした。 これが正しい配線。 再び配線チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・配線とCR取り付け

5A6シングルアンプの電源部平ラグに配線を取り付けて固定、結線する。 電源部を取り付け終わったシャーシ内部。 電源部の動作確認を行う。+Bに6kΩのダミーロードでAC102Vの時に+Bは270Vとなった。電圧増幅段に流れる電流を含まずにダミーロードの抵抗値を計算してしまったので+Bは低めに出たが問題なし。5A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・組立開始

5A6シングルアンプの組立を開始した。最初にRCA端子を取り付けたのだが、Rch(赤)が下側になるようにした。SP端子は0 4Ω 8Ωを0がどちらにするかで悩んだが、後ろ側から見て0が左になるようにした。 外装パーツを取り付け終わったところ。使わないビス穴にはネジを止めて塞いである。 シャーシ内部。ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・端子図作成

5A6シングルアンプのシャーシに電源部の平ラグ基板の固定穴を開けた。ところが電源トランスのボルトと電源部コンデンサのリードが接近し過ぎることが判明。電源トランスのボルトを短いものに取り替える。スペーサーにネジ溝がついており中々外れず交換に時間がかかった。 シャーシ内部はこんな感じ。うっかりアンプ部の平ラグを180度回転して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・平ラグ基板作成

5A6シングルアンプの電源部とアンプ部の平ラグ基板を作成した。 こんな感じになった。フィラメント電源のブリッジダイオードの1本の向きを間違えてしまった。片方ずつコテで温めて引き抜き、曲がったリードを整えた後、ラグのハンダを吸い取り線で除去、再び正しい方向に挿してハンダ付けした。 反対側から見たところ。アンプ部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・パーツが揃った

秋月電子通商と千石電商に発注したパーツが届いた。これでたぶん必要なパーツが全部揃ったことになる。 並べてみた。後はビス・ナット類と線材くらい。2SK117BLは選別治具でId=2mAにおけるVgs=-0.298Vと-0.299Vの2本を選んだ。これは電圧増幅段で利得の差を最小にするため。また、ツェナーの1N5383Bを1mA流して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・平ラグパターン作成

5A6シングルアンプの平ラグパターンを作成した。電源部とアンプ部でそれぞれ20Pの平ラグを使う。この平ラグって値段が結構高いんだよね。 私は白紙の状態から平ラグパターンを考えるのが苦手でなかなか腰が上がらないのだが、ひな形があるとどこをどうしようというアイデアが湧いてくる。 電源部の平ラグパターン。+B・+B1電源と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプの構想

5A6シングルアンプを作ろうかなと考えている。5A6は直熱5極管で71Aシングルアンプに5A6を挿して試聴してみたところ結果が良かった。 手持ち部品を活用して手軽に作ってみたい。出力トランスは解体したアンプから東栄変成器のT-1200を使う。 電源トランスは以前春日無線に特注したH27-02181が使えればと思う。こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

71Aシングルアンプに5A6を挿してみる

手持ちのアンプに挿していない5A6を数えてみたら18本もあった。いつの間にそんなに溜め込んだ?それじゃあ71Aシングルアンプがあることだし、変換ソケットを組んで試聴してみようと思う。 変換ソケットの接続図。UXからMT9ピンに変換する。5A6にはフィラメント中点があるのだが、5Vを供給するので片方をカソード抵抗につなぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more