42プッシュプルアンプ・シャーシと裏蓋の加工

ブログの引っ越しが済んでようやく時間が取れたので、42プッシュプルアンプのシャーシ加工をスタート。シャーシに穴開け図を貼り付けて罫書き、オートポンチでマーキングする。電源トランスの角穴はコッピングソーで開けた。騒音が出るが短時間で済ませる。 電源トランスとACインレット、ロッカースイッチの穴が開いたところ。これで角穴はおし…
コメント:0

続きを読むread more

差動プッシュプルもどきアンプ

私が製作した差動プッシュプルアンプで、出力段カソードに小容量のバイパスコンデンサが入っているものを挙げてみた。全部で5台あった。いずれも好音質が得られている。バイパスコンデンサは0.01μF~0.1μFだが、0.1μFだとDEPPの特性が見えてくるので多くても0.022μF程度が良いと思う。 (1) E88CCプッシュプルアンプ …
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・穴開け図作成

ブログの移転作業で手一杯になり、アンプの製作のほうに時間が取れない。それでもすこし進んだのでブログ記事を作成。 レイアウト図を印刷してシャーシにパーツを並べてみる。シャーシは(株)奥澤のO-40(W330mm×D220mm×H50mm t1.5mm)で大きめとし、ゆったり配置とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

差動プッシュプルからDEPPまで

(a)差動プッシュプル カソードが高インピーダンス。優等生的な音で音場や定位に優れる。 (b)差動プッシュプル カソードが抵抗1本でインピーダンスが低め。動作は差動だが音色にDEPP的な要素が入ってくる。 (c)差動プッシュプルもどき 高い周波数ではカソードのインピーダンスが低くなりDEPPの動作となる。DEPPの…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・解体前の確認

42プッシュプルアンプ試作機を解体して本番機を製作する前に回路の電圧を測定した。 これは本番機でのリファレンスとなる。 先日テストしたブロック電解コンデンサ47μF+47μF350Vを、電源部のリプルフィルタに使ったらどうなるのか確認した。 回路図の赤で示したところにコンデンサを追加してみた。漏れ電流が0.3m…
コメント:0

続きを読むread more

ブロック電解コンデンサは使えるか?・その2

そういえば昔買ったブロック電解コンデンサがあったよな、と思って探したら出てきたので、前回と同様な方法でテストしてみることにした。 メーカー名不明のブロック電解コンデンサ。150μF350Vと200μF175Vの仕様。このうち150μFのほうをテストする。 マルチテスターLCR-T4で容量を確認したところ値は十…
コメント:0

続きを読むread more

ブロック電解コンデンサは使えるか?

友人より入手したブロック電解コンデンサ、47μF+47μF350Vが使えるかどうか実験してみた。容量をLCR-T4で測定したところ、56μF~60μFであった。 ELNAのブロック電解コンデンサ3個に比較対象としてJJの50μF+50μF500V。 実験回路図を上記に示す。昇圧DCDCを使い、電圧は200Vに…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・レイアウト構想

42プッシュプルアンプ本番機の製作にあたり、レイアウトを考えてみた。 試作機は幅300mmのシャーシに組んだので、42の間隔が狭すぎるし中央の2本がくっついてしまっている。もうすこし幅広いシャーシが良いと思う。 (株)奥澤のアルミシャーシ、O-40(W330mm×D220mm×H50mm t1.5mm)でレイアウトし…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・NFBを少し深くかける

試聴を続けている42プッシュプルアンプ試作機なのだが、音がつまらなくならない範囲でもう少し深くNFBをかけてみようと思う。現状は6dBだが8dBくらいにしてみたい。 裸利得は50倍(34dB)だから、NFBを8dBかけると20倍(26dB)となる。NFB抵抗の代わりにボリュームを接続し利得が20倍となる値を探ったら3.3kΩとなっ…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・出力段差動を試す

42プッシュプルアンプの出力段のカソードバイパスコンデンサを取っ払い、共通カソードとして差動回路にしてみた。 カソードバイパスコンデンサを外してカソード抵抗750Ωを並列にした。 回路図を上記に示す。赤で示したところが変更部分。C3は高域でDEPPもどきとなるようなコンデンサで、音色のスパイスとなっている。R15とR16…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・位相補正と試聴

NFBをかけた42プッシュプルアンプ試作機だが、100kHzあたりの小ピークが気になり位相補正容量として100pFを入れたらほぼフラットになった。 回路図のC9が位相補正容量。 Lchの周波数特性。 Rchの周波数特性。 特性的には問題ないので、3階の自室にて試聴する。利得が25倍…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・NFBと詳細な特性測定

42プッシュプルアンプ試作機はNFB無しの利得が60倍と多すぎたので、初段のプレート抵抗R5とR6を56kΩから43kΩに変更した。また、NFBをかけるためにR23をボリュームで見繕ったところ、6dBで5kΩとなったので5.1kΩをとりあえず採用。 回路図を上記に示す。赤字が変更したところ。 諸特性を上記に示…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・動作確認

42プッシュプルアンプ試作機の配線チェックを行う。+B2の配線(ピンク)が平ラグの端子へつながっていないのを発見したので接続した。 真空管を挿して電源オン、各部の電圧を測定する。大丈夫そうなのでSP端子にDMMをACレンジにして接続、RCA端子に指を触れて電圧が上昇するのを確認。動作一発OKだ。 測定器やオシロをつないで…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・配線完了

立ラグとシャーシが近いので、あらかじめビニールテープを貼り付けておく。MTソケットそばの立ラグから配線を始めた。ソケットへの抵抗も取り付けてしまう。順番をよく考えないとコテ先が入らなくなる。 アンプ部への配線を付けられる状態にしておき、全部できたら平ラグを取り付けつつ配線をハンダ付けする。 その後42のカソードCRを…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・配線開始

42プッシュプルアンプ試作機の配線を始めた。最初にAC1次配線を済ませ、電源オンして電源トランスの電圧を確認。次に42のヒーター配線をする。続いてE88CCと6N1Pのヒーター配線を済ませる。 AC1次配線とヒーター配線が終わったところ。 真空管を挿して点灯式。ヒーター電圧は42が6.3V、E88CCと6N1…
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログからはてなブログへの引っ越し

まだ引っ越し中ではあるが、やったことやうまくいかない点を書いてみた。 ウェブリブログからのエクスポートは、データ量が多いと予約となり処理終了後にダウンロード可能になる。 はてなブログを開設。画像のサイズが大きいので月に3GBのアップロードができるはてなブログproに登録(proでなければ月に300MB)。引越し後は解約する予…
コメント:6

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・平ラグ作成

42プッシュプルアンプ試作機の平ラグを作成した。それぞれ+B電源、-C電源、-C1電源、アンプ部(2枚)の計5枚。 +B電源部。背の高い電解コンデンサが林立している。+B電源部は、本番機ではブロック電解コンデンサを使ったものに作り直すかもしれない。 +B電源部の裏側。FETをコバンザメのようにくっつけてシャーシに…
コメント:0

続きを読むread more

今後のブログ運営方針

はてなブログに登録し、ウェブリブログからエクスポートしたデータを2022年1月分だけはてなブログにインポートしてみた。 結果は問題なくインポートできた。画像も「はてなフォトライフ」へコピーされてリンクも貼り直されていた。即ちウェブリブログが終了しても画像は表示される。 懸案のテーマについては、何もしなくてもカテゴリに変換され…
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログ終了のお知らせ

2023年1月31日でサービスを終了するとのこと。引っ越し先はSeesaaブログが用意され、移行ツールが4月から提供される見込み。 とうとう来たか。面倒だが引っ越すしかない。でも引っ越すのは良いけど、画像が11904枚もあってウェブリブログ内の画像を参照するのではなく一緒に引っ越すとなると大変だ。画像も引っ越しできるのはSeesa…
コメント:0

続きを読むread more

42プッシュプルアンプ・組み立て開始

42プッシュプルアンプ試作機の組み立てを開始した。 外装パーツが組み上がったので真空管を挿してみた。42の間隔が狭い気がするが試作機なので構わない。本番機では広げなければ。 シャーシ内部。とりあえずパーツの干渉は無し。 立ラグがシャーシの奥まったところにあるし、シャーシに近すぎてショートしそう。 …
コメント:0

続きを読むread more