6922全段差動DCDCミニワッター・トラブルシューティング

順を追って解析していったから、参考にどうぞ。

数時間試聴した後、一旦電源をオフにしてからオンにしたら壊れてしまった。音が出ない。
調べてみるとDCDC電源の出力電圧が低い。150Vのところを30V弱しか出ていない。

DCDC電源を外して単体でチェック。
後付けした2.2MΩの片側を外して抵抗値を測るが正常。
この状態で出力電圧を測ると220V位出ている。
DCDC電源は壊れていないのか?
2.2MΩが高圧リークしているのかも、と思い手持ちの4.7MΩに交換。
出力電圧を150Vに調節した。

元通りアンプに組み込んで出力電圧を測る。
真空管を外した状態で150Vのはずがやはり30V位しか出ない。
電流を測ると3~4mAしか流れていない。
即ちDCDC電源の負荷が重いわけではない。
少しでも負荷がかかると電圧が落ちてしまう。
やはりDCDC電源が故障している。
昇圧用ICのリファレンス電圧を測ってみる。1.51Vで正常。
昇圧回路の出力電圧は155V出ている。正常。
つまりFETリプルフィルタで電圧降下が起きてしまっている。
リプルフィルタが故障していると考えて、基板のパターンから回路を起こしてみた。


画像

まず2SK3234と22uFのコンデンサを基板から外す。
コンデンサの値は正常だった。
R3,R5,R6の値は正常。R4はうまく測れなかった。
外した2SK3234のゲート~ドレイン、ゲート~ソース間に導通あり。
これはおかしい。FETが壊れている。
それにしてもVDSSが500V、Idが8AのFETがそう簡単に壊れるものか?
パターンを追ってみると電源オフ時にコンデンサの電荷を抜くダイオードが見あたらない(上記回路の点線内)。これを入れないとFETが破壊してしまうことがある。
電源オフでFETのドレイン・ソース電圧は急に低下するのに、ゲートはコンデンサに充電された電荷により下がりにくいため、ゲート~ソース電圧(VGSS)の最大定格±30Vを越えてしまう。
詳細は木村哲氏著「真空管アンプの素」の146ページに解説があるのでご参考。


2SK3234はたまたま手持ちがあったので交換し、22uFのコンデンサを元通り組み付けた。


画像

一応対策として1N4007を入れておいた。画像の上のFETは壊れた2SK3234。

元通り基板を組み付けて電圧チェック。OKだ。
数回電源のオンオフをしてみたが大丈夫だった。
それにしても昇圧側が壊れていなくて良かった。
表面実装のICやダイオードがもし壊れていたらお手上げだったからだ。

8B8プッシュプルアンプでは大丈夫だったのに、本機がNGなのはたまたま壊れたにすぎないのか?

DCDC電源の販売元の店長さんは旅行中らしく、連絡がつきそうにない。後日確認するつもり、詳細がわかったら改めて報告する次第。
→次の拙ブログにて報告。

同じDCDC電源を購入された方、こんなこともあるんだー程度に考えてね!

(追記)
リプルフィルタのFETで例えば2SK3067や2SK3767ならOK。ゲート保護用のダイオードが入っている。
画像

"6922全段差動DCDCミニワッター・トラブルシューティング" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]