45シングルアンプ・配線完了

45シングルアンプ・リニューアル版の配線のつづき。まずはGND配線を片付ける。同時進行で真空管ソケット周りの配線をする。

SP端子へOPTからの配線とNFB配線、ゾベルCRをハンダ付け。端子の穴が小さいのでOPTの配線がAWG20だと通しにくい。AWG24で十分だと思うけど。

次はアンプ部基板への配線。+B1・GND・SP端子からの配線・45のグリッド配線などをハンダ付けする一歩手前の状態にして、全て揃ったら一気にハンダ付けする。

入力のシールド線はLchのみとし、RchはGND配線と撚っただけとした。どっちも電源トランスから遠くて誘導ノイズを受け難いが、Lchのほうが長いため。

最後にカソードCRを取り付けて完了。やはりシングルアンプは配線本数が少ないので作業時間が短い。


45_single_renewal_inside6.jpg
配線が完了したシャーシ内部のようす。Lchの入力シールド線は電源基板の奥側にした。これは電源基板とブリッジダイオードの間が配線で混んでいるため。

まだインシュロックタイで束線していない。残留ノイズの確認後にやる予定。

さて、配線チェック後に各部の電圧を確認、動作確認に入る。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント