45シングルアンプ・シャーシ加工

45シングルアンプ・リニューアル版のシャーシ加工を始めた。シャーシは(株)奥澤のアルミでO-45、W300mm×D170mm×H50mmのt1.5mm。


45_single_renewal_chassis1.jpg
穴開け図を印刷してカット、シャーシに貼り付けて罫書く。センターにオートポンチでマーキング。


45_single_renewal_chassis2.jpg
電源トランスの角穴はコッピングソーでカット。ギコギコうるさいのではやく終わらせたい。


45_single_renewal_chassis3.jpg
ACインレットとロッカースイッチの穴開けが完了。平ヤスリを使うとキーキーうるさいのはなぜだろう。あれって神経逆なでするよね。これで全加工プロセスの1/3が済んだ。


45_single_renewal_chassis4.jpg
真空管ソケット穴の40mm径はサークルカッターで開けた。


45_single_renewal_chassis5.jpg
ドリルスタンドの高さが足りない時の裏技。作業台の端に固定して台を使えば長尺のものも開けられる。手持ちドリルだと垂直が確保できないので穴がずれる。


45_single_renewal_chassis6.jpg
後面の穴開けが完了。あとは小さい丸穴だけ。


45_single_renewal_chassis8.jpg
シャーシ本体の穴開けが完了。この後バリ取りを行った。


45_single_renewal_chassis7.jpg
反対側から見たところ。


45_single_renewal_chassis9.jpg
裏蓋は横山テクノにW298mm×D166mmにカットしてもらったので穴を開けるだけ。シャーシ本体との固定ビス穴は曲尺で正確に測って開けたけど修正が必要だった。放熱穴はステップドリルで開けたが切削屑が沢山出るのでイヤ。


45_single_renewal_chassis10.jpg
ソケットプレートをサークルカッターで開けているところ。ハンドルを持ち上げるような感じで回すと刃が食い込まずに済むようだ。


45_single_renewal_chassis11.jpg
完成したソケットプレートが2枚。

これで金属加工はおしまい。軟弱な私だけど道具を駆使して何とかなっている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント