300Bシングルアンプ・フィラメント点火実験

前回はSBD出力の+-を逆に接続して電解コンデンサと3端子レギュレータを壊してしまったのだった。

千石電商からパーツを取り寄せて原状復帰する前に、SBDのD15XBS6に換装したらどうなるか実験で確認することにした。


300B_filament_power_experiment1.gif
赤字は実測値。再び平ラグを組み立てて実験したところ、3端子レギュレータの入力はDC7.8Vとなった。


300B_filament_power_waveform1.jpg
これは3端子レギュレータの入力波形で、リプル電圧の下限は7.4Vとなった。LD1085VのDropout VoltageはIo=3AにおいてTyp 1.3V、Max 1.5Vなので、7.4-5=2.4Vとなり余裕があることがわかった。

ちなみにAC100Vが98Vだったとすると、リプル電圧の下限は98/102*7.4=7.1Vとなり7.1-5=2.1Vでやはり余裕があることがわかる。

なおリプル電圧は0.11mVであり十分低い。

これで現状のSBDであるRBA-406B(60V4A)からD15XBS6(60V15A)に換装しても問題ないことがわかった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント