71Aシングルアンプ2号機・完成

71A_single_outside11.jpg
71Aシングルアンプを製作しようと思ったのは、別の何かを探していたらアンプに挿していない71Aが4本出てきたことだった。1号機(譲渡済み)があるので2号機とした。 

基本的には1号機の回路を踏襲するが、全く同じではつまらないのでパラレルフィードとしてみた。チョークは手持ちの春日無線4B-20MAを使い、OPTはARITO's Audio LabのSE-7K4W-GLを購入した。このOPTはシングル用のSE-7K4WをギャップレスとしたものでDC電流を流せない代わりにインダクタンスが高い。LCR-T4で測定したら107Hと101Hだった。


71A_single_schematic6.gif
回路図を上記に示す。71Aのフィラメント電源はLDOの3端子レギュレータTA4805Sを採用。ブリッジ整流にSBDであるSB340LSを使ったのは整流後の電圧を高く取りたいため。アンプ部は1号機と同じカスコードエミッタフォロアで71Aのグリッドを直結ドライブする軽いA2級だ。


71A_single_layout_design.gif
レイアウトは1号機と同様シンメトリー配置とした。電源トランスの後方にチョークコイルを置く。チョークコイルはむき出しではなくアクリルケースを被せる。ケースの固定には垂直取り付けブロックを使ったが、エポキシ系接着剤だと取れやすいみたいなのでセメダインXゴールドはどうかなあ?

シャーシはWATZのS-254(W250mm×D150mm×H40mm t1.0mm)のアルミ弁当箱とした。これは鋼板の裏蓋付きなので、裏蓋をシャーシに取り付けると強度が増す。


71A_single_chassis16.jpg
シャーシの加工は自分で行った。塗装はいつものダークグレーマイカメタリックで今回は艶ありとした。塗装後に水研ぎをしてコンパウンドで磨いた。


71A_single_characteristic2.gif
諸特性を上記に示す。1号機との違いは高域が伸びたこと。これはOPTによるところが大きい。3端子レギュレータやFETリプルフィルタを使ったことにより残留ノイズは0.1mVを切った。出力は1.0Wと1号機と同じ。詳細な特性はこちらを参照。


71A_single_distortion_5percent1.gif
歪率5%での出力を1号機と2号機で比較。低域の違いがパラレルフィードによるものだと嬉しいのだけど。OPTの出力容量の差もあるので一概には言えない。


71A_single_outside11.jpg
いつものようにブツ撮りをしたので掲載する。

71Aを1cmくらい沈めれば良かったのだが、サブプレートと電源のスイッチが干渉するのでスイッチを後面に回し、71Aは点灯しているのが殆どわからないのでパイロットランプが必要になり、といろいろ面倒なことになる。

71A_single_outside12.jpg

71A_single_outside13.jpg
チョークコイルを覆うアクリルケースは中が透けて見えるようにスモークにした。不透明だと何だかわからない物が中に入っているみたいに感じるから。

71A_single_outside14.jpg

71A_single_outside15.jpg
シャーシサイドにはアクリル板をあしらった。今回は貼り付けではなく皿ネジで固定した。

71A_single_outside16.jpg

71A_single_outside17.jpg

71A_single_outside18.jpg
低域のクロストーク対策で、チョークにショートリングを巻いてみたのだが全く効果がなかった。

71A_single_outside19.jpg

71A_single_outside20.jpg
裏蓋も披露。観葉植物が写り込んでいる。

71A_single_inside6.jpg
シャーシ内部。カソードバイパスコンデンサ160V100μFを追加したのだが、置き場所に困って平ラグに立ラグを固定する形でシャーシ中央とした。

駄耳の私による試聴結果。1号機の音色は記憶の中でしかないのだが、低音の質に違いがあるようだ。1号機が倍音が豊かな印象なのに対し、2号機はあくまで正しい低音という感じ。音色自体は清楚そのものでいかにも普通なのだが好音質だ。拙300Bシングルアンプとの試聴比較ではスケール感は劣るものの中高音ではいい勝負をする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2021年09月13日 02:00
初段の定電圧に使ったツェナーダイオード1N5386Bが生産終了して入手が難しくなりました。
代替品が見つかりませんが、定電圧真空管は電源容量などから無理です。
何かアイデアがありましたら教えて下さい。
おんにょ
2021年09月13日 06:55
klmnjiさんおはようございます。
まだ若松通商に1N5386があります。他の方法としてはツェナーの直列、例えば1N5378BRLG(100V)+1N5374BRLG(75V)、ぺるけさん方式(抵抗降圧で初段電源確保)などが考えられます。