7C5 CSPPアンプ・裏蓋の作成

感電防止とシャーシの強度アップ、ゴム足の取り付けなどの観点から拙アンプには裏蓋をつけることにしている。

裏蓋は横山テクノにお願いして切り売りしたものを購入。A5052の厚さ1.2mm、298mm×196mmとした。


7C5_CSPP_urabuta2.jpg
裏蓋の固定穴を開けるのに、ガラス板2枚をマスキングテープで貼り付けてシャーシに乗せ、油性ペンで穴開け位置をマークする。


7C5_CSPP_urabuta3.jpg
裏蓋を乗せてガラス板をかぶせ、マークした位置にペンで印をつける。大体のところに印をつけ、ガラス板を下ろすと正しい位置がわかるので修正。


7C5_CSPP_urabuta4.jpg
ペンで印をつけたところにオートポンチでマーキングして穴開けする。


7C5_CSPP_urabuta1.gif
さくっと穴開け図を作った。


7C5_CSPP_urabuta5.jpg
放熱穴とゴム足の穴は、印刷した穴開け図を貼り付けてカッターと定規で罫書き、センターにオートポンチでマーキング。


7C5_CSPP_urabuta6.jpg
途中をすっ飛ばして穴開けが終わった裏蓋。固定穴をあれほど正確にマーキングしたつもりなのにズレを修正する必要があった。もっとうまい方法はないものか。


7C5_CSPP_urabuta7.jpg
穴が保護ビニールでわかりにくいので裏返しにしてみた。

これで疲れるシャーシと裏蓋の加工はおわり。仮組みをしてちゃんとパーツが付くか確認する予定。

(2021.01.24追記)
7C5_CSPP_chassis10.jpg
奥澤シャーシの下側には8箇所ネジ穴がある。バーリング加工という板厚が厚くなる加工がしてあって、ネジ山が切られている。それに合わせて裏蓋の穴を開ける必要がある。
(追記ここまで)

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ナガヤマ
2021年01月23日 21:48
自分はシャシと裏蓋をテープで動かないように固定して裏蓋越しに小さなキリで下穴を開けます。
おんにょ
2021年01月23日 22:43
ナガヤマさんこんばんは。
シャーシの穴位置が裏蓋をかぶせるとわからなくなってしまうと思うのですが、位置決めは勘でしょうか?
klmnji
2021年01月24日 02:06
私だったら
(1)裏蓋側に穴位置をマーキングして小穴を先にあけます
(2)裏蓋をシャーシにテープで固定します
(3)裏蓋の小穴をガイドにシャーシにも小穴をあけます
(4)裏蓋を外し、裏蓋とシャーシの小穴を必要な経であけなおします
とすると思います。
裏蓋とシャーシの合わせが決まってしまうので、ペンでマークしておけば組み立てる際に戸惑う事はなくなると思います
ナガヤマ
2021年01月24日 05:20
おんにょさん失礼しました、シャシ側にすでに穴が開いているのですね、自分はシャシも裏蓋も穴無しの状態からシャシと裏蓋を一気に貫通して位置決めをやっていました。横山テクノさんは自分もお世話になっています。
おんにょ
2021年01月24日 11:02
klmnjiさん、ナガヤマさんコメントありがとうございます。奥澤シャーシの下側には8箇所ネジ穴があるんです。バーリング加工という板厚が厚くなる加工がしてあって、ネジ山が切られています。それに合わせて裏蓋の穴を開ける必要があります。