300Bシングルアンプ・あちゃー

300B_single_chassis_repair1.jpg
塗装が乾いたので、浴室で水研ぎをしようとしたらドアノブにシャーシをぶつけてしまった。しかも運の悪いことにフロントパネルの部分。アルミの下地が露出する深い傷。


300B_single_chassis_repair2.jpg
タッチアップすると逆に目立ってしまう。もうこれはフロント部分のみ再塗装するしかないと判断。ペーパーで削って均したところ。

慌てていたから思いつかなかったけど、薄づけパテで補修して再塗装すれば良かったかもしれない。


300B_single_chassis_repair3.jpg
プラサフを吹いて凹みを補修する。塗装しないところには広告紙でマスキング。


300B_single_chassis_repair4.jpg
結局プラサフを2回、本塗装2回、クリアを3回塗装した。光が当たらなければ補修跡が目立たないのだけれど…。


300B_single_chassis_repair5.jpg
わずかな凹みが残ってしまった。クリアが泡立っているし、これ以上やると私の塗装技術では汚くなるばかり。

再び水研ぎでどのくらい目立たなくできるか確認するつもり。


細かいところに拘りすぎだよね…。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

Grigri
2020年11月02日 07:04
今回の傷は、日光東照宮 陽明門の魔除けの逆柱ですね。
ひでほ
2020年11月06日 13:34
よくお気持ちわかります。目立たなくても脳のなかにインプットされて、わたしも苦しみます。SLシリーズでもキズいれちまうことあり、そのときはなじみの自動車やさんで塗装してもらっています。
おんにょ
2020年11月06日 18:18
ひでほさんこんばんは。
馴染みの自動車屋さんがあればよいのですが、自分でできる範囲でリカバリーしようとすると難しいです。いったん塗装を剥がして再塗装したほうが早いでしょう。そういう後戻りをするには決心しなければなりません。