6DE7シングルアンプ・配線完了

配線は目が疲れるのでボチボチ進めるんだけど、始めるとつい夢中になってどんどんやってしまい、結局目が疲れるの繰り返し。

OPTの1次配線→MTソケット周りの配線→GND配線→SP端子への配線とNFB配線という感じで進めた。アンプ部基板への接続を一気にやってしまう。面倒くさいシールド線の処理をしたらカソードCRを取り付ける。

配線は末端をワイヤーストリッパーで剥き、線をよじって予備ハンダというやり方だから時間がかかる。ハンダ付けもハンダの流れを1つ1つ確認しながらやっている。

最後に線がバラけないようにインシュロックタイで束線したら配線は完了だ。


6DE7_single_inside11.jpg
シャーシ内はこんなふうになった。+B電源基板とSP端子の間にゾベルCRを押し込んだ。平ラグのラグが余っていたら基板上に乗せるのも良いかもしれない。

AC100V系の配線と他の配線(特に高インピーダンス)は離すか、もし接近する場合は十字で交差させる。プレートやグリッドの配線は極力短く、他の配線とは離すようにする。+Bや+B1などの配線は交流的にはGNDなので、他の配線を沿わせてシールドとして使える。

次回は動作確認と特性測定を予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント