47シングルアンプ・OPT-S14の特性測定

OPT-S14を使った場合の周波数特性と歪率特性を測定した。


47_single_characteristic4.gif
はじめに諸特性を再掲。


47_single_freq_OPT-S14.gif
周波数特性。低域寄りの特性となっている。250kHzあたりが変なカーブになったが、6dBのNFBでもピークは-12dBなので問題ない。


E130_single_freq_OPT-S14.gif
これはE130シングルアンプに換装前のOPT-S14の周波数特性。同じOPTを使用しているが250kHzのレベルが低い。


47_single_distortion_OPT-S14.gif
歪率特性。110Hzが悪めになることはなかった。10kHzが悪めなのは、周波数特性で高域のレベル低下が早いせいと思われる。

周波数特性と歪率特性を調べた限りでは特に問題なし。これで回路設計をしてみるか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント