4P1Lパラシングルアンプ・シャーシ加工開始

いつもシャーシ加工を始めると急いでしまう。早く終わらせたいからで、騒音が出る時間を短くしようということもある。そうするとやたら疲れて大変。少しずつ区切って進めるほうが良いだろう。 穴開け図を作成。これを印刷しシャーシに貼り付けて罫書く。オートポンチを打ってマーキング。 電源トランスの角穴から始めた。ステップドリル…
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・電源トランスを特注

一時は製作するのを止めようと思った47シングルアンプだが、せっかくタマを入手したのにアンプとして形にしたいという思いを捨てきれない。47は6F6族の元祖といえるもので、42などとは音色が異なりスッキリとした印象だ。42シングルアンプにヒータートランスと変換ソケットで47シングルアンプとして聴けるのだが、やはり47専用のアンプとして仕…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプ・レイアウト確認

作図したレイアウトを印刷し、実際にパーツを乗せてどんな感じなのか確認する。 正面から。4P1Lの高さはソケットをどのくらい沈めるかによるが概ね60mm未満。OPTのトランスケースの高さは60mm。 正面から4P1Lの赤熱するフィラメントが見えるようにしたい。果たしてこの向きで良いかな? 電源トラ…
コメント:0

続きを読むread more

6N23P

最近のお気に入りの電圧増幅管は6N23Pだ。 データシートは以下にあり。 https://tubedata.jp/sheets/112/6/6N23P.pdf 6DJ8の同等球となっている。6DJ8のEp maxは130V、高信頼球の6922は220Vなのだが6N23Pは300Vあるので電力増幅管のドライブ用に最適だ。…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプ・レイアウト検討

4P1Lパラシングルアンプのレイアウト検討をしてみた。オーソドックスな配置とし、拙6AH4GTパラシングルアンプに倣った。 電源トランスのLUX 4A40には磁気シールドやショートリングがない。そこでOPTを鋼板製のトランスケースに入れることを考えている。トランスケースはサムテックのTT0013(W80mm×D67mm×H…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプ・パーツが届いた

ネット注文した4P1Lパラシングルアンプのパーツが届いた。日曜日に発注して火曜日に届いたことになる。抵抗を2本ずつとか面倒なのをすみません。 ゼネラルトランスのアルミシャーシ、SC-100。W300mm×D160mm×H45mmでt1.5mmの硬質アルミ。裏蓋の固定穴が開いていない。1.5mm厚というとタップを切ったと…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプ・パーツを発注

都内でも新型コロナウイルスの感染者が確認されたということで、ウィルスを持ち込むリスクを避けるためパーツをネット発注することにした。 4P1Sシングルアンプを解体してパーツを最大限に流用し、なるべく新規発注分を減らしたい。 今後もし何らかの事情により買い出しができなくなった場合、ネット注文でどのように対応するか確認しておき…
コメント:2

続きを読むread more

6P3S CSPPアンプ・DCバランス確認

6P3S CSPPアンプは完成以来2週間で毎日稼働しているが、DCバランスがどうなっているのか気になっていた。 回路図を上記に示す。DCバランスの調整箇所は2つあって、それぞれ6N23Pと6P3Sの電流を上下で等しくなるようにする。 DCバランスを確認しているところ。 結果は6N23PがLch 0~0.…
コメント:0

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプ・回路設計

4P1Lシングルアンプの回路を元にパラレル化するわけだがあちこち変更が生じてもカバーできているかどうか。 いきなり設計した回路図を上記に示す。4P1Lの動作点は3結の特性図に7kΩのロードラインを引いてEb=237V、Ik=26mA、Eg1=-20Vとした。第1グリッドには発振止めの抵抗100Ωを入れた。もっとプレート電圧…
コメント:2

続きを読むread more

4P1Lパラシングルアンプの構想

ヤフオクでロクタルソケットを入手した。出品者の説明によるとソビエトのラディオデタリ製ということだが詳細はわからない。まだ使用していないので信頼性は不明。上付けだがフランジをかしめてある爪を起こして下付けにできるのではないかと思っている。 これを使ってどんな真空管アンプを作るのかといえば、4P1Lパラシングルアンプを予定…
コメント:4

続きを読むread more

+B用ダミーロード・製作編

+B用ダミーロードの製作。CADで作ったレイアウト図を印刷し、貼り付けて立ラグの固定穴を罫書く。いかにも大げさだ~。たった4個の穴開けをするのに作業台やドリルを準備するほうが時間がかかる。 立ラグをスペーサーで固定し抵抗とジャンパー線をハンダ付け。樹脂製のスペーサーを使うことで立ラグの中央端子を使うことができる。作業が…
コメント:0

続きを読むread more

+B電源用ダミーロード

以前からテキトーに抵抗をつなげたダミーロードを使っていたのだけど、ちゃんとしたものを作ろうと思う。アンプごとの+Bに対応するためには大電力用の可変抵抗(レオスタット)を使えば解決するだろうがメチャクチャ高価だし高抵抗が無い。 そんな精密に変えられなくても大雑把にできれば構わない。むしろちゃんと作ったとしても使い勝手が良くなかっ…
コメント:4

続きを読むread more

6P3S CSPPアンプ・完成

このアンプを製作しようと思ったきっかけはミニオフ会だった。会場が広く、かつ音が抜けてしまうので、出力の大きいアンプが有利になる。 音質が良いアンプとしてはCSPPアンプがある。出力10WのCSPPアンプなら手持ちにあるので15W程度を目標にしたい。これに見合った出力管には6L6GCがある。調べてみると6L6GB相当でロシア管の…
コメント:2

続きを読むread more

6P3S CSPPアンプ・完成かな

特性は特に問題なし、試聴結果もOKなのでシャーシの両サイドへアクリルパネルを貼り付け、トランスの養生テープを剥がした。アクリルパネルにはホコリの付着防止に帯電防止剤を塗った。これで完成かな? DCバランスが気になったので測定したところ、出力段のDCバランスは問題なし、6N23PのプレートチョークKL10-05のDCバランスはLch…
コメント:2

続きを読むread more