12A6GTY CSPPアンプ・本番機の配線開始

12A6GTY CSPPアンプ本番機の配線を始めた。まずは邪魔なOPTからの配線を済ませてしまう。今回は配線を撚ってみた。クロストークの変な挙動対策のためだが、プレート同士・カソード同士はハイインピーダンスなので撚ると線間容量で高域が低下するはず。高域-3dB点は160kHzだから低くなっても大して影響は無い。

続いてAC1次配線。電源投入してネオンランプが点灯するか、電源トランスやヒータートランスの電圧が正常かを確認。

次はヒーターの配線。試作機の配線は末端をカットして短くなっているので、新たにその配線を参考にしながら作り直す。

終わったら真空管を挿してヒーター電圧の確認。12A6GTYはAC12.5V~12.7V、6N23PはAC6.7Vだった。


12A6GTY_CSPP_outside8.jpg
点灯式も無事終了。


12A6GTY_CSPP_inside13.jpg
シャーシ内部。OPTからの配線を処理したのでシャーシ内がスッキリした。


12A6GTY_CSPP_inside14.jpg
反対側から見たところ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント