12A6GTY CSPPアンプ・配線中

12A6GTY CSPPアンプ試作機の配線を始めた。まずAC1次配線、次にヒーターの配線を行う。


画像

こんなふうになった。何となく配線の引き回しを決めている。MTソケットへの配線が見えないが、実際には配線している。


画像

真空管を挿して点灯式。ヒーター電圧は6N23Pが6.7V、12A6GTYが12.6V~12.8Vとなった。6N23Pが高めだが抵抗で降圧するかどうかは後で決める。

次に+B電源基板に配線して固定、+Bにダミー抵抗を付けて電圧の確認。AC100Vが101.5V、2890Ωの負荷で+Bは297Vとなった。AC100V換算で293Vとなり設計値とほぼ同じになった。正常に動作していそう。

さらに6Vと-Cの基板に配線して固定、電圧を確認すると6Vが実測6.0V、-Cが5.7Vとなった。これも設計値と同じ。


画像

電源部の回路図に実測の電圧を記入した。

画像

シャーシ内部のようす。配線が入り乱れてゴチャゴチャしている。

この後はGND配線、真空管ソケット周りの配線などを進める予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック