E130シングルアンプ・本番機の組み立て開始

E130シングルアンプ本番機の組み立てを始めた。まずカソードチョーク固定用のカレイナットをシャーシに圧入する。圧入にはキャップボルトと六角レンチを使った。


画像

少し浮いているけど外れないからまあいいや。M3のカレイナットには1mm厚アルミシャーシの場合4.5mmの加工穴径で良いようだ。4mmから丸ヤスリで広げていったら合わせ込みが難しかった。


画像

2本のE130の高さが違うのでサブシャーシの沈め方を変えた。左が20mmのスペーサー、右が15mmのもの。袴の高さが違うのではない。


画像

シャーシ内から見たところ。


画像

画像

外装パーツを取り付け終わったところ。この後Rchのカソードチョークを取り付けた。Lchのカソードチョークは+B電源基板の固定後に取り付ける。

この後の配線は目が疲れるので休みながらゆっくり作業するつもり。などと書いてもラストスパートっていう感じでドドドとやっちゃうんだよなあ。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック