バーチャルE130シングルアンプ

画像

SFRのE130という真空管を入手したがトランス類は未入手だし回路設計もやっていない。でも出てくる音を想像しながら頭の中でいろいろ考えるのは楽しいものである。

このWebサイトには動作例が示されている。Ep=350V、Ip=29mA、Eg=-10VでOPTは8k~12kΩのインピーダンスとなっている。A2級推奨なのでカソードチョークドライブを考えてみる。

初段は中μの双3極MT管でSRPP、ドライブ段は低μの双3極MT管、チョークはPMC-80Hとする。

出力段を自己バイアスとすると電源トランスは半導体整流なら300V、真空管整流なら350Vの+Bタップが必要となる。電流は75mAあればOK。案外市販の電源トランスにはそういう仕様のものが少なく、あっても電流容量が多すぎる。


画像

そういえば山水のP-42Bという電源トランスを持っていたことを思い出した。これに6.3V2Aくらいのヒータートランスを追加すれば真空管整流で使えそうだ。


画像

OPTはアンディクス・オーディオのOPT-S14、1次インピーダンス10kΩがフィットしそう。(画像は使い回し)


画像

これを手持ちのトランスケースに入れる。W80mm×D67mm×H90mmでOPT-S14のW81mmではバンドの固定部分が飛び出してしまうのでカットして入れるしかない。


画像

奥澤のアルミシャーシに配置してみた。

まあこんな感じで考えてみたが、今後入手するトランス類で構想が変わるかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

onajinn
2019年01月05日 19:43
こちらには初めてです。今年も宜しく。
とても魅力的な姿態の球ですね。
おんにょ
2019年01月05日 21:26
onajinnさんこんばんは。本年もよろしくお願い致します。
自分へ贈る誕生日プレゼントなので奮発しました(笑)。ナス型の直熱3極管です。

この記事へのトラックバック