ST管スーパー・電解コンデンサを交換

電解コンデンサはリーク電流が多いとの情報があったので、実際にテスターで電流を測定することにした。


画像

ブロック電解コンデンサは 赤 20uF350WV、青 10uF350WV、白 15uF50WV となっている。


画像

オリジナルの回路図を上記に示す。


画像

マルチテスターLCR-T4で赤(20uF350WV)を測定したらわかりません、となった。


画像

電流計でリーク電流を測定してみたら17mAと多い。これは使用不可(既に交換済)。


画像

青(10uF350WV)を測定したらやはりわかりません、となった。


画像

電流計でリーク電流を測定してみたら5mAとやはり使用不可。


画像

白(15uF50WV)を測定したら62.7uFとなった。これはリーク電流が多くインピーダンスが低くなるため容量値が実際よりも多く測定されるから。


画像

電流計でリーク電流を測定してみたら0mAだった。ただ6Z-P1のカソード電圧は10Vくらいなのでリーク電流も低いため。


画像

ブロック電解コンデンサは使用不可と考えて交換することにした。手持ちの関係で10uF350WVは22uF350V、15uF50WVは22uF100Vとする。


画像

変更後の回路図を上記に示す。


画像

電解コンデンサを交換したところ。


画像

交換したコンデンサのアップ。

交換した後で放送を聴いてみるとハムが低くなった。ただボリュームを下げるとやはりハム自体は出ている。気にならない程度に下がったので良しとする。本当はミリボルトメータで測定すれば数値的にどのくらい低減されたかわかるのだけど、実用上問題ない程度ならOKだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック