4P1Sシングルアンプ・電源トランスを換装する

4P1Sシングルアンプは電源トランスの唸りが音楽の無音部で気になるため、とうとう換装することにした。電源トランスはゼネラルトランスのPMC-95Mとし、ヒータートランスを併用する。


画像

回路図を変更した。+BはPMC-95Mの120V-0V-120Vタップをブリッジ整流する。95mAの63%が取れる最大の電流だが140V巻線まで使わないのですこし増やしても問題ないと判断。

電流が多めなので整流後の電圧はエイヤで120V*2*1.26=302Vと推定。+Bは265Vから275Vへ高くなる。4P1Sの動作点がロードラインの右へ移動するため電流を増やさないとロードラインの動作点から右下が短くなってしまう。だから25mAから26mAへわずかに増やした。本当はもっと増やしたい。

後は4P1Sのフィラメント電圧供給がAC5VからAC6.3VになるためR16(2Ω)を追加。LTspiceのシミュレーションでディメンジョンを決めたが合わせ込みが必要。

他にはR9の12kΩを15kΩに増やしたいがとりあえずそのままとする。これは初段とドライブ段の電流をケチりたいため。


画像

+B電源基板が変更となるので平ラグパターンを作成。


画像

シャーシ加工図を再掲。

これで電源トランスの唸りが静かになるのと出力がすこしアップするのを期待したいんだけどなあ?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック