7716 SRPPアンプ・レイアウト検討その2

画像

7716 SRPPアンプの実験機を解体した。ハンダを取り除き、抵抗のリードを整形。


画像

先日検討したレイアウトで真空管周りのCRと配線がどうなるのか、実体図もどきを描いてみた。立ラグのラグは過不足なく使えることがわかった。


画像

実際に外装パーツをレイアウトに乗せてみてどうなのか確認する。発熱するパーツは真空管が主なので、暖め合わないように離し気味に配置する。

電源トランスとOPTの間隔が開きすぎかな?でもヒータートランス(小型チョーク下)からの誘導ハムもあるので離しておいたほうが良い。


画像

真空管周りの放熱穴は控えめに開ける。シャーシ内の暖められた空気を放熱穴から出す目的。


画像

穴開け図を作成。とりあえず大丈夫そうだけど、何があるかわからない。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック