7716 SRPPアンプ・配線完了

7716 SRPPアンプの配線を進める。配線は長めにカットして行う。それでも1本だけGND配線が短かったのでやり直した。


画像

シャーシ内はこんな感じになった。配線がバラけるのでインシュロックタイで先に束線してしまう。真空管ソケットのピンへは1度でハンダ付けを済ませるため差し込んだだけにしておいた。


画像

反対側から見たところ。

配線が全て済んだらCRの取り付けを行う。抵抗26本、コンデンサ11個を休憩を挟みながらハンダ付けしていく。前面パネルを外して作業できるのでやりやすかった。


画像

NFB抵抗を除き全てのCRの取り付けが終わった。


画像

反対側から見たところ。グリッドバイアスが5Vと浅いのでカソード抵抗でさえ1/2Wで済ませている。シャーシ内には1W以上の抵抗が1本も無い。

ハンダ付け作業は老眼鏡を使っているが眼精疲労のためか頭痛がしてくる。もうすぐ音出しが出来るのでつい頑張ってしまうが、1日の作業時間を短めに取ったほうが良いに違いない。

この後は配線チェック後に動作確認を行う。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

kurod@
2018年11月21日 19:40
いつも通りの綺麗な配線です
音出しが楽しみですね
go-tube
2018年11月21日 20:18
はじめまして。真空管アンプの製作日記を拝見し大変素晴らしく感じ、突然で恐縮ですが、ぜひ製作していただけたらと思いメッセージさせて頂きました。ご対応は可能でしょうか。
おんにょ
2018年11月21日 21:21
kurod@さんこんばんは。
回路的には実験機と同じですし、懸案といったら残留ノイズとクロストーク特性がどうなるかでしょう。
おんにょ
2018年11月21日 21:23
go-tubeさんはじめまして。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。じつは製作依頼はgo-tubeさんが初めてでして、どのようにしたら良いのかわかりませんが出来るだけ対応させて頂きます。まずはserranito@nifty.com(@を小文字に)宛にメールを下さい。ご希望のアンプ(拙作のどれかとか作例があればそのアンプのURLなど)があると助かります。
kurod@
2018年12月05日 20:01
go-tubeさんからはどんな球と回線を使ったアンプの製作依頼があったのでしょうか?
おんにょ
2018年12月05日 21:29
待っておりますが、まだ依頼はありません。

この記事へのトラックバック