45シングルアンプ2号機・小改造

画像

45シングルアンプ2号機は1号機に比べ実力を発揮していないのではという思いがあった。音色がなんとなく穏やかで1号機のようなクリアさがない。拙71Aパラシングルアンプで71Aのカソード~+B間に入っている、信号ショートループと呼んでいるコンデンサを通常のカソードバイパスへ変更したら音色が好みに変化したことから、同様の改造を行うことにした。


画像

改造する回路図を上記に示す。赤が変更したところ。C4を+BからGNDにつなぎ替えて容量を1000uFに増加。クロストークの悪化が予想されるので、初段へ行く電源にC13とR17によるデカップリングを入れた。


画像

改造後のシャーシ内部。真空管ソケットのところにデカップリングを追加、左右下に東信の音響用ハイグレード電解コンデンサ(銀色)を換装。


画像

改造後の電圧を赤字で示す。AC100Vが102Vあるため各部の電圧が高めだが問題なし。


画像

諸特性を上記に示す。周波数特性の超低域のレベルがわずかに低下。その他は変化なし。改造前の諸特性その他はココを参照。


画像

周波数特性。超低域のレベルがわずかに低下している。これは信号ショートループコンデンサのキャパシタンスとOPTの1次インダクタンスによる共振が無くなったためと思われる。


画像

クロストーク特性。50Hz以下の超低域でクロストークの悪化がわずかに見られる。初段にデカップリングを入れた効果なのか、悪化は思ったより少なかった。20Hz~20kHzでは-69dB以下となっている。


画像

Lchの歪率特性。改造前後で変化なし。1kHzにおける歪率5%での出力は3.1W。


画像

Rchの歪率特性。改造前後で変化なし。1kHzにおける歪率5%での出力は3.1W。

改造で特性上問題となる悪化は見られなかった。試聴したところ、中高域がクリアになったように感じ、効果があったように思われる。拙71Aパラシングルアンプとドライブ段~出力段の回路形式が同じこともあり、音色が似ている。東信のコンデンサ1000uFのエージングでさらに実力を発揮するだろう。


画像

45シングルアンプ1号機と比較試聴してみると、1号機の半導体ドライブ、2号機のトランスドライブ(カソードチョークドライブ)の違いが音色の差となって現れているようだ。切れ込みの鋭さなら1号機、包容力なら2号機といったところで甲乙つけがたい。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック