金属用サークルカッターの修理

ミヤモト工房の金属用サークルカッター"ミニ85"を使用してアルミ板の穴開け中にハンドルが重くなり、もうすぐ開くからと力を入れて回していたら蝶ネジが折れてしまった。メールで確認したところ修理可能ということだったので、サークルカッター本体を送って修理して頂いた。どうもありがとうございます。


画像
本体と中心軸がグリース切れにより固着したのが原因と判明。2016年12月に購入して以来3度目の穴開けということで、メインテナンスを怠ったのが良くなかった。


画像
購入時に付属の資料より抜粋
注油口のビスを取って入り口一杯までグリースを詰めます、ビスを締めきって座金の確認穴から出たらOKです。
年に2~3回詰めて下さい。ホームセンターになる普通のグリースでOKです。
ガイドと刃物台の滑り面や可動ねじ部等にも油(グリース推奨)をさして下さい。


画像
修理した本体が返送され、再び使えるようになったサークルカッター。4ヶ月に1回程度はグリスアップするつもりだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

宮 岡
2018年10月02日 18:49
おんにょ さん こんにちは

[ ミヤモト工房の金属用サークルカッター]
こんな道具があるのを知りませんでした。初めて観ました。

いつも貴重な情報を ありがとうございます。
おんにょ
2018年10月02日 18:59
宮岡さんこんばんは。
サークルカッターは現在残念ながら販売を終了してしまっています。気長に待てばもしかしたら再販されるかもしれません。
宮 岡
2018年10月02日 20:25
おんにょ さん 了解しました。

先ほど,HP確認しました。
2A3 を 沈ませる(未経験)には 大き目の穴開けが必要なので
シャーシーパンチの 買増し を 考えています。
おんにょ
2018年10月02日 21:10
宮岡さん、私のようにしょっちゅうシャーシ加工するのでなければ、開ける穴の内周に沿って小穴を多数開け、ニッパーでカットしてヤスリで仕上げる方法が良いと思います。

この記事へのトラックバック