PCL83シングルアンプ・NFBと特性測定

PCL83シングルアンプにNFBをかけることにし、適当に抵抗をつないだら利得が下がったのでトランスの極性はOK。利得が半分になる抵抗値は3kΩ弱だった。手持ちの抵抗から2.7kΩを2本探して取り付けた。


画像

諸特性を上記に示す。NFBは5.9dB~6.4dB。差があるのは裸利得が左右チャンネルで異なるため。周波数特性の高域-3dB点は40kHzとなった。DFは5.3、残留ノイズは0.1mVまで低下した。


画像

NFBをかけたときの周波数特性。もう少し高域に伸びが欲しいかな。


画像

クロストーク特性。L→Rの高域が悪い。


画像

上記の赤枠で囲んだ部分、LchのOPTの1次配線とRchのグリッド配線が接近している。配線を揺するとクロストークのレベルが変化する。OPTを180度回転して取り付け1次配線を離せば良いが、面倒なので配線上に銅箔テープを貼って対策しようと思う。


画像

Lchの歪率特性。2次歪み主体で、5%歪みでの出力は1.1W。


画像

Rchの歪率特性。こちらも5%歪みでの出力は1.1Wだった。

やることはL→Rのクロストーク対策、PCL83が4本あるので左右チャンネルの利得を揃えたい、もう少しNFB量を増やしてみる。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック