PCL83シングルアンプの構想

画像

たまたまユニバーサル実験アンプの初段をLTspiceでシミュレーションしていて、カスコードに3極管を使ったらどうか?と思いついたので試してみた。そしたらちゃんと動くんだね。


画像

初段系のシミュレーション回路図。カスコードの3極管には12AU7を使った。初段の電源電圧は100V。


画像

出力波形。ちゃんと動いている。

なぜ12AU7なのかはPCL83の3極管ユニットが12AU7相当だからで、シミュレーションではプレート電圧Eb=48V、Ip=1.3mA、Eg=-2Vだった。


画像

PCL83はLN309相当らしい。Ep-Ip特性図だとロードラインは33KΩで左下にちょっとだけ描かれるのみなので非常にわかりにくい。こんな低電圧でもちゃんと動作するようだ。


画像

5極管ユニットの3結の特性図に7KΩのロードラインを引いてみた。動作点はEb=220V、Ip=22mA、Eg=-18Vとした。


画像

早速回路図をでっち上げた。これはユニバーサル実験アンプと殆ど同じ。果たしてどうかなあ?

予想される問題点としては、初段に傍熱3極管ユニットを使うので、電源オン後のヒートアップ時に5極管ユニットに過電流が流れる可能性があること。もし同時にヒートアップするなら問題ないし、カソードの熱容量が大きい5極管ユニットのほうがヒートアップが遅いと予想できるので大丈夫と思われるが、実際はどうなのか確かめてみないとわからない。

出力は1W前後とミニワッター程度になると思う。実際に作るかどうかは別にして、こうして構想を練っている間は楽しい。

(2018.03.03追記)
画像

カスコード・カソードフォロアにしても動くことを確認。こっちのほうがヒートアップ時過電流防止にはなりそう。


画像

回路はこんな感じ。

画像

  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2018年03月02日 23:24
黒田徹さんが、出力管(EL34)のカソードにNPNトランジスタを接続したシングルパワーアンプを、発表していましたね。
電圧増幅はOPampでした。LTspiceでシミュレーションしたことがありますが、結果は良好でした。
おんにょ
2018年03月03日 17:53
ふさんこんばんは。
出力段がカスコードのアンプですね。ソフトンのMODEL7がカスコード単段プッシュプルになっています。私が初段に使うのは利得が多く取れてドライブ電圧も確保できるからです。

この記事へのトラックバック