ユニバーサル実験アンプ・42にFC-12Sを使う

ユニバーサル実験アンプに42を使ったところ印象が良かったので、OPTを変更しPMF-5WSからISOのFC-12Sにて特性を調べてみることにした。FC-12Sは昨年値上がりする前に購入したもの。

ISOのFC-12Sは2次のタップ切り替えで2.5K/3.5K/5K/7KΩの1次インピーダンスが選べ、2次も4/8/16Ωが使える出力12WのユニバーサルシングルOPTとなっている。1次インダクタンスは重畳電流60mAで1mW時16H、最大20Hの仕様。FC-12Sのデータシートはこちら

42シングルアンプに使うことを想定して重畳電流25mAでのインダクタンスを測定したら、50Hzで20.5H、100Hzでは18.5Hとなった。1次巻線DCRは実測172.5Ω(at 16℃)。


画像

ユニバーサル実験アンプの回路をすこし変更し、カソードの定電流回路の代わりに抵抗(R14・1.2KΩ)とし、FETリプルフィルタの抵抗R9を62KΩに減らした。これで42の動作点はEb=250V、Ik=24mA、Eg=-26Vとなる。Isgは4.5mAだった。


画像

Tung-Sol 6F6のデータシートに記載されている3結の特性図に7KΩのロードラインを引いてみた。グリッドは+10Vまでを想定しているが、実際はどこまでプラスに振れるのかわからない。


画像

実験風景。バラックだからこんな感じ。


画像

諸特性を上記に示す。周波数特性はよりフラットに、利得やDFも増えた。これはFC-12Sの1次DCRが低く低損失のため。出力は100Hzがリミットして1.9Wだった。


画像

周波数特性。240KHz~260KHzに段があるがピークにはなっていない。高域はスムーズに落ちている。


画像

歪率特性。PMF-5WSに比べ全般的に低くなった。1KHzにおける歪率5%の出力は2.3W。

今回はバラックでの特性確認にとどめ、試聴は別途本番機を製作して行う予定。実質42シングルアンプ2号機のキックオフかなあ?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック