ユニバーサル実験アンプ・動作確認その2

RCA入力にケーブルをつなぐか入力をショートするとRchの発振が止まることがわかったので解析してみることにした。


画像

まずは電圧の確認。グリッドバイアスが浅い(-8V)以外はほぼ設計どおりの電圧が出ている。


画像

無帰還での特性を調べた。利得が非常に多く、DFも低め。


画像

周波数特性を測定。Lch(ピンク)だが30KHz~40KHzに+3dBのピークが生じている。Rchは間違って消してしまったが同様な特性だった。3結にした特性(青)を載せておく。こちらは素直な特性。


画像

現状の回路と3結での特性を比較。3結での利得は低くなり、DFは増えた。これらの特性から、FETでSGを降圧する回路は5結に近いものと予想される。なお12A6/12A6GT/12A6GTYを使用する限りにおいてはEsgは規格が250Vであり3結でも問題ない。

FETでSG電圧を降圧する回路は
・高域にピークを生じた
・高周波発振が起きた
・FETを壊した(ゲート保護入りがお薦め)
で不採用とした。原因がよくわからないし。3結なら問題ない。

12W6GTや12L6GTではSG電圧をツェナー一発で降圧する方式に切り替えることにしよう。最大振幅でSGがカットオフしているかどうかはオシロで波形観測すればわかるのではないか。

画像

  

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

きん
2018年02月19日 11:30
FETのソースとGND間に抵抗を設け、ソースフォロワーとしてきちんと動作するようにしたらいかがでしょう。
おんにょ
2018年02月19日 18:50
きんさんこんばんは。
コメントありがとうございます。今回の回路はスクリーングリッドをカットオフさせないためなのです。私にはむしろ高域ピークが気になります。おそらく高域カットオフが重なっているのではないかと考えています。3結でも大丈夫のようなので、実験はそれで進めようと思います。
きん
2018年02月19日 21:01
高域のピークは、FETに流れる電流が少ないためにカットオフが低くなっているためと考えられます。そのためにもう少しFETに電流を流せばよいと思うのです。
ちなみに、以前もコメントしたように3結にする場合はSGの耐圧はあまり気にしなくてよいと思います。
おんにょ
2018年02月19日 21:20
はい、3結なら発振防止抵抗1本で済みますし、面倒なことにはならないだろうと。

この記事へのトラックバック