6DJ8パラシングルアンプ2号機・平ラグ基板作成

6DJ8パラシングルアンプ2号機の電源部とアンプ部の平ラグ基板を作成した。

2SK117BLはId=1.4mAでVgs=-0.302Vの2本を選別。6DJ8のほうが利得のバラツキが大きいが、初段系は利得を揃えておきたいと思ったから。

ツェナーの1N4745Aは2本直列の電圧が左右チャンネルで等しくなるように4本を選別。これは6DJ8のグリッドDC電圧が左右チャンネルで揃うようにするため。


画像

いきなり完成したアンプ部の平ラグ基板。間違わなかったのでスムーズに完了。まだNFB抵抗は取り付けていない。


画像

反対側から見たところ。


画像

アンプ部の平ラグパターン。


画像

続いて電源部の平ラグ基板を作成。こちらも問題なく完了。


画像

上から見たところ。


画像

電源部の平ラグパターン。

ここまでできてしまえば後はキット感覚で組み立てられると思う。必要なのは+Bの電圧調整(240KΩ)とヒーター直列抵抗(0.3Ω)でのヒーター電圧調整くらいか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック