PCL83 CSPPアンプ・OPTのケーシング

画像

CSPP用OPTのASTR-30Sをケースに入れるために取り付けプレートの加工を行った。トランスケースはサムテックのTT0031で、サイズはW71mm×D71mm×H76mm。厚み1.0mmの鋼板製だ。こういうのは実際に組み立ててみないと、思わぬ干渉やら組み立てられないところが出てきてしまう。


画像

これは取り付けプレートの加工図で、アルミの厚み1.0mmで作成する。これくらいならカッターで両面を罫書いて折り取れる。


画像

出来上がった取り付けプレートが2枚。


画像

パーツを全部並べてみた。


画像

取り付けプレートに10mmの黄銅スペーサーを取り付けたところ。


画像

取り付けプレートとOPTを固定。10mmの穴は配線を出すために開けたもの。


画像

トランスケースの底板とOPTを皿ネジで固定したところ。


画像

トランスケース本体をビスで固定すれば完成!

トランスケースには塗装ムラや凹みがあるので、本番機を製作するまでにパテ埋めや再塗装をする予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック