PMC-115HのDC重畳インダクタンス

画像

以前ノグチトランスのチョークコイルPMC-115HをマルチテスターLCR-T4で測定したらインダクタンスが2Hとなったが、仕様は1Hだ。そこでシングルOPTのインピーダンス・インダクタンス測定治具を用いてDC重畳でのインダクタンスを測定してみることにした。


画像

測定回路を上記に示す。PMC-115Hの最大電流は150mAとなっているので、87.5mA以上はR4+VR1と並列に抵抗を接続、0~11.5mAはR4と直列に10KΩのVRを接続して測定した。また、SW3はR1(1KΩ)で測定。

PMC-115HのDCRは実測25.9Ω(室温18℃位)だった。測定周波数は50Hzとした。一般的には何Hzなのかわからない。測定周波数が上がればインダクタンスが減少する。

150mA流すと定電流回路のトランジスタが7.2Wも発熱するため測定は手早く行わなければならない。


画像

測定結果を上記のグラフで示す。DCを重畳すると10mAくらいまではインダクタンスが急激に低下し145mAでは2.1H程度になった。おそらく150mAでも2H程度あると思われる。


画像

DC重畳電流を15mAに固定して測定周波数を変えてみた。周波数が上がるとインダクタンスが低下するので、仕様の1Hがどの周波数で測定されたものかわからないと比較できない。


(2016.12.31追記)
画像

測定周波数を120Hzにしてみた。結果を上記のグラフに示す。149mAでは0.84Hとなった。100Hzで測定すれば1Hくらいになると思われる。
(追記ここまで)

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

71Aが好き
2016年12月30日 10:40
おんにょさん、こんにちは。
電源のチョークの場合、120Hzで規定することが多いようです。
(60Hzを整流した後の平滑用途の為)
120Hzでみると、PMC-115Hの定格に近い値になりませんか?
おんにょ
2016年12月30日 18:09
71Aが好きさんこんばんは。
情報どうもありがとうございます。
120Hzでインダクタンスを測定したものを追記しました。
大体1Hくらいになります。

この記事へのトラックバック