EL32シングルアンプ・シャーシ加工

画像

今回は体力の要るシャーシ加工編。シャーシは奥澤のO-26でW250mm×D150mm×H60mm、t1.0mm。それ用の裏蓋も製作した。


画像

いきなり穴開け完了画像。電源トランスの角穴はコッピングソーで開けた。また、OPTとUSソケットの穴はシャーシパンチを使用。t1.5mmのに比べると2/3の労力で済むので加工時間が短い。


画像

反対側から見たところ。ACインレットの穴は角にRをつけてある。OPTのトランスケース固定穴は間隔49mmとなっていたのでその値で開けたが、後で実物を測ると48mmだった。丸ヤスリで修正したので穴が楕円になっている。


画像

これはシャーシ加工途中のものだけど、裏蓋は250mm×150mmで端を4mmずつカットする。こうすると裏蓋がはみ出して見えなくなる。


画像

今回から頼もしい助っ人が加わった。それはピラニア鋸。


画像

作業台に裏蓋を固定してカットしているところ。潤滑油には台所洗剤を使った。画像を見るとわかるが刃の厚みが少なく4mmのカットでも楽々できる。切り始めに鋸が暴れることもなく、鋸の進みも早い。


画像

穴開けが終わった裏蓋。

この後は仮組みをしてパーツの干渉がないかどうか、組み立て難いところがないかチェックする予定。


ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1
ピラニア・ツール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピラニア・ツール ピラニアII鋸 PS-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック