6B5シングルアンプ・実験機回路図作成

6B5シングルアンプ実験機の回路図を作成した。DCDCではなくて通常の電源トランスによる電源とした。


画像

回路図を上記に示す。

電源トランスはノグチのPMC-100M。発注した後で菅野電機のSD-2820がベストなことに気づいたが、まあ今回はコレでいってみよう。

PMC-100Mの+Bタップは200V-240V-280Vなので、ダイオード整流とすると+Bはだいたい250V/300V/350Vとなる。250Vだと低すぎるし、300Vだと高い。6B5のプレート電圧は最高325Vだから300Vでも大丈夫。しかし両チャンネル分の6B5の電流は106mAとなり初段を加えると111mA、定格の0.1A(100mA)を超えてしまう。

ただPMC-100Mは280Vタップを使わないので、VAで計算すると280Vの56VAに対し240*0.111*2=53.3VAとなり、電流が10%くらいオーバーしても大丈夫と判断する。

+BはFETリプルフィルタとした。クロストーク特性の評価を行い、これでいくかどうかを決める。6B5の電流が出力で増減するので、すでに電流オーバーになっている時点でどういう影響があるか。

すでに製作した実験機とは別にシャーシを用意し、それで組み上げる。+Bは左右チャンネル共通とし、DCDCはやめる。

2台のシャーシがあるのに回路図は共通だからすこし違和感があるが、試作機を前提としているのでこんなふうになった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2016年07月11日 19:46
KNFを採用しないなら、オーバーオールのNFBを、16Ωから取る必要はないのではと思います。
決定的な問題にはならないのですが、巻き線数が少なく、実際のスピーカ負荷がつながる8Ωから帰還を掛けた方が安定しそうです。
おんにょ
2016年07月11日 20:51
klmnjiさんこんばんは。アドバイスありがとうございます。8Ωからかけたほうが良さそうですね。NFB抵抗値が変わるので、もう1台の実験機と一緒にチューニングしてみましょう。

この記事へのトラックバック