6T9 CSPPアンプ・特性評価その2

歪率特性において1W付近でいったん歪率が下がる傾向があったので、6T9の相性か、あるいは回路によるものなのか調べてみた。


画像

別の6T9を用意し歪率特性を測定したのが上記のグラフ。程度の差はあるが、やはり1W付近で歪率の低下が見られる。ということは、回路起因によるものなのだろう。


画像

続いて実験したのは、OPTの接続を変更して周波数特性がどうなるか調べてみた。回路的にはOPTの2次側のどちらかをGNDに接続するかの違いしかないと思うのだが、シングルアンプのOPTでは特性に差が出る場合があった。


画像

結果は上記のように一致。プッシュプルアンプでは違いが出ないみたい。


画像

今度は2個めのOPT、No.2で周波数特性を調べた。こちらは150KHz付近に明確なディップが見られる。やはり接続を変えても違いが出ないようだ。

バラックでの評価が済んだので、試作機を製作しようと思う。さしあたってはシャーシ加工かな。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック