6B5を入手

Antique Electronic Supplyに発注した真空管が届いた。オーダーした真空管に入荷未定でbackorderできないものがあったりして、結局ストックのあるものだけを送ってもらった。

姉妹拙ブログの記事はこちら
AESに発注
AESその後

画像


Invoiceのメールが来てから6日で届いた。First-Class Mail International(普通の航空便)だから送料が$23.77かかったが、関税がかからない金額にしたので早かった。


画像

購入したのは6B5。これはポジティブグリッド管でドライバー管が一緒に封入されている。日本では使われなかったものなので、基本的に輸入するしかない。

ポジティブグリッド管には6AC5GTがあるが、GT管よりST管のほうが好みなので6B5にした。届いたのはKEN-RADが2本、HYTRONが1本、RAYTHEONが1本。カーボンスートされていて管内が見えないが、1本だけ見える。届いたのが全部カーボンスートされていたらそういうもんだ、と思うけど、どっちかに統一して欲しかったなあ。


画像

ピン接続図。ドライバーのカソードと出力段のグリッドが管内で接続されている。ベースはUZ。これをUSにしたのが6N6Gとなるが値段が6B5より高い。

これでアンプを組むとしたらまずはシングルだろうね。rpが24KΩと高いので、KNFをかけると思う。出力は欲張らずに2.5Wくらいを狙う。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

tanuki
2016年04月25日 14:56
6B5真空管入手で、作られるアンプのUPに期待をしております。当方も、6B5使用のアンプを所有しておりますが、構成真空管が、1種よくわからず、おんにょさんのブログが参考にさせていただけるのではないかと、期待しつつ、UPをお待ちしています。
おんにょ
2016年04月25日 18:29
tanukiさんはじめまして。
拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
いま構想を練っている段階で、2段増幅に6B5という構成でのシングルアンプを考えています。KNFとオーバーオールNFBを併用するためです。6SN7GT+6B5みたいな感じになると思います。とりあえず試作してみてその結果次第といったところです。

この記事へのトラックバック