ソフトン試聴会

2016年2月6日に開催されたソフトン試聴会へ行ってきた。ソフトンの善本さんにはこの場を借りてお礼申し上げます。

参加者は全員で5人。これくらいのほうがじっくり聴けるのでドタバタしなくて良いと思う。


画像

システム全景。SPはJBLのEverest(だったと思う)、CDプレーヤーとセレクタ&アッテネータはソフトンのものを使用。


画像

善本さんのSV811-3シングルアンプ。ドライバーはKT66で初段は6SL7GT。しばらくしまわれていたそうで、オーバーホールしたとのこと。SV811-3の電流は75mAにセットしてあった。


画像

めのさんのSV811-3シングルアンプ。右チャンネルが不調で雑音が出たため試聴を中止。運搬時の振動か何かで問題が生じたらしい。


画像

MFさんの四角くて白いアンプ。


画像

上蓋を取るとこんなふうになっている。電池管3B4のプッシュプルアンプ。


画像

いちおう拙SV811-10Aシングルアンプも鳴らしたよ、ということで掲載。都合3度の輸送に耐えて正常に動作した。善本さんのSV811-3シングルアンプのほうが低音に分があるように感じられたが、私のSV811-10Aはrpが高いし致し方ないといったところ。


画像

ソフトンで開発中のバランス駆動ヘッドホンアンプ。


画像

ヘッドホン側がジャックになっておりコードを簡単に変更できる。バランス駆動とノーマルの比較試聴をしたが、ノーマルの音がクチャッと固まる感じなのに対し、バランス駆動はフワッと広がる感じがした。あくまで個人的感想なので念のため。


OPTの売れ筋について善本さんから興味深いお話を聞いた。それはOPTの価格が4,000円までに集中しているとのこと。ソフトンでもRW20までで、それより上のクラスは殆ど出ないとのこと。

これはいわゆるミニワッターに人気が集まっているのではないか。従来からある出力の大きなアンプは製作者が少なくなっているらしい。


画像

話は変わるが、MFさんに巻いて頂いたCSPP用OPTを入手した。どうもありがとうございます!VT-62シングルアンプが完成したら、こちらのOPTの実験から始めようと思う。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

daikunomokichi
2016年02月07日 20:35
おんにょさん
ソフトン試聴会の様子をアップしていただき
ありがたく思っています。
行ってないのに行った気に「少し」なります。
他のOFF会の様子の掲載も楽しみにしています。
おんにょ
2016年02月07日 21:39
daikunomokichiさんこんばんは。
ブログ記事では音の様子はわからないですし、個人的印象となるので極力載せないようにしています。また、私が不得意とするところの回路理論は省かれてしまっています。というわけで、お近くに同士がいらっしゃっいましたら交流されるのも良いと思います。
daikunomokichi
2016年02月09日 03:14
「音の様子と回路」の件、了解しました。
善本さん、めのさん、おんにょさんが
SV811アンプを製作されている。
MFさん電池管3B4などなどの写真は、
とても参考になっています。
これで十分です。
おんにょさんの撮る写真は
とても見やすいです。
残念ながら
近くの同士は見つけられていません。

この記事へのトラックバック