3A5トリプルプッシュプルアンプ・電源トランスの誘導ハム実験

3A5トリプルプッシュプルアンプのOPTをトランスケースに固定する前に、電源トランスの誘導ハム実験をやってみた。

誘導ハムがわかりやすいようにOPTの1次側、P1-P2間にミリボルトメータをつなぎ、OPTの向きをいろいろ変えて確認する。なお測定値の大小は参考になるが、絶対値ではないので念のため。


画像

春日無線のKA-8-54P2の中身は、左側のトランスで示すようにOPTが立った状態になっている。


画像

① 普通に置いた状態。ミリボルトメータは200mVを指している。誘導ハムが非常に多い。


画像

② トランスケースを被せてみた。150mVまで減った。トランスケースは1mmの鋼板でできている。


画像

③ 向きを90度変えてみたら65mVとなった。ミリボルトメータのレンジが1つ下がっている。


画像

④ 今度は倒してみたら45mVとなった。あまり減らない。


画像

⑤ 倒した状態で向きを90度回転。38mVに減った。


画像

⑥ さらに90度回転。OPTの背中が正面を向いた状態。33mVと最低を記録。


画像

⑦ さらに90度回転。54mVに増加。


画像

⑧ ⑥の状態でトランスケースを被せてみた。ミリボルトメータのレンジが1つさがって18mVまで減った。これが一番良さそう。


画像

⑨ 番外編。電源トランスとOPTのコアの中心軸を合わせ、直交させた状態。ミリボルトメータのレンジはまた1つ下がって5mVまで低下。


画像

コアの中心軸を合わせ、直交させた状態ではこんな感じになっている。


画像

今回は実験をやりそびれたけど、最も影響を受けにくい配置。

実験でわかるとおり、⑨が一番誘導ハムが少なくなる。だから低ノイズを実現したいのならこの配置が良いと思う。

そのことは承知の上でデザインを優先させている。⑥案を採用した場合、おそらく0.1mV程度の残留ノイズ増加になると予想。フィラメントハムは0.1mV弱だったから、アンプとしての残留ノイズが0.2~0.3mVになればOKと判断する。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

daikunomokichi
2015年03月15日 19:53
おんにょさん、今晩は。
---
春日無線のKA-8-54P2の中身は、左側のトランスで示すようにOPTが立った状態になっている。
---
との事。ビックリです。
おんにょ
2015年03月15日 20:53
daikunomokichiさんこんばんは。
春日無線のOPT、KA-**-54Pシリーズはみんな縦になった状態です。普通のバンドカバー型OPTと異なりますのでご注意を。

この記事へのトラックバック