トランジスタ式ミニワッター・もう片チャンネル分の基板を作成

前回の続き。


画像

レギュレータ電源は入出力電位差を測ってみると無信号時で5V、出力1.9W時で4.5Vあったので、トランス1次側を100Vから110Vに変更してみるとそれぞれ4.4V、3.7Vだった。最低の電位差2.5Vを十分クリアしているのでこっちにしよう。そのほうがレギュレータICの発熱量が減るし。


画像

もう片チャンネルのレギュレータ電源基板、アンプ部基板を作成した。バラックでテストしてみると出力トランジスタに120mA流れている。1枚目のアンプ部基板では96mAだったから25%も多い。でも動作は正常だ。

調べてみるとD2とD3の順方向電圧(VT)が影響していることがわかった。試しにD2と並列に1N4007をつないでみると出力トランジスタの電流が減る。1枚目と2枚目とでD2+D3の電位差は27mV。たったそれだけで電流が25%も違っちゃうんだ…。

例えば半導体畑の人に電流のことを聞いてみたとしよう。その人は大丈夫、問題ないと言うはずだ。ちゃんと動いているんでしょ。電流がバラつくのは当たり前ですよ、と。

1%級の抵抗を使い、トランジスタもhFEで選別した頒布品を使っているのに、たかがダイオードのVTが27mV違っただけでこんなに違ってしまう。真空管アンプで25%も電流が違ったら配線間違いを疑うし、真空管を交換しちゃうかもしれない。

電流が違うとトランジスタの発熱量も違うし、レギュレータ電源の発熱量も違ってくるから何とかしたい。そこで1枚目と2枚目のD2を入れ替えると計算上、VTの差が5mVになるので出力トランジスタの電流の差が縮まるに違いない。


画像

ということで、アンプ部基板の1枚目をNo.1、2枚目をNo.2としてD2を交換してみたところ上記のようになった。出力トランジスタの電流の差は10%、D2とD3のVT差は5mVとなった。これ以上はUF2010を沢山買って実機選別しなきゃならない。初歩のラジオの回路(jpg)にバイアス電流調整用のボリュームが入っていたのはそういうわけだったんだ。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

daikunomokichi
2014年12月04日 20:27
アドバイスありがとうございます。引越てきました。hFE測定でIcを流し過ぎると発熱による温度が影響する点は「なんとなく」解りますが、
UF2010のVTの件、???の状態です。FLUKE179 のダイオード 順バイアスの値でペアを選び実機にて再判断しようと考えています。それより30mA流して電圧を測定したほうが良いのでしょうか?
おんにょ
2014年12月04日 20:53
daikunomokichiさん、こんばんは。
テスターでのVT測定で大丈夫と思います。実機でダイオード2本直列の電圧を測ってみて、もし差が大きいようでしたら別のに交換すれば良いでしょう。

daikunomokichi
2014年12月18日 21:05
おかげさまで仮組し、音が出ています。そしてUF2010の電圧差6mVになりました。
何本が手持ちがあるので良さそうなヤツを探してみます。
--
0.681V
0.691V
--
0.680V
0.686V
--
http://daikunomokichi.blogspot.jp/2014/12/blog-post_18.html
おんにょ
2014年12月18日 22:44
daikunomokichiさんこんばんは。
無事音出しおめでとうございます。実機でのUF2010のVT差は測るたびに微妙に異なりますので、少々出力段のアイドリング電流が左右チャンネルで違ってもあまり気にされる必要はありません。
daikunomokichi
2014年12月18日 23:01
アドバイスをありがとうございます。
結果は、110.3mA&105.9mAでした。
ほどほどにしときます。
ヘッドフォンで聞いていますが、雑音は皆無です。
P2とは、レベル2段の差はありますね。
TPAS-10S+LC_LPPで聴いています。
daikunomokichi
2014年12月22日 22:36
電源トランスがきたので仮り稼動で繋ぎました。
トラキング電源から、製作したボードに替えたら
低域に力強さが出てきたように感じます。
高域も延びているみたいで、CR2段LPPのトランスDACの方が聴きやすいです。
OCLで左右別電源は、なんともいえないです
すごく気に入りました。電源ボードの温度や発振を確認して、ケースに収めたいと思います。
アドバイスをありがとうございます。
感謝申し上げます。
http://daikunomokichi.blogspot.jp/2014/12/blog-post_22.html
おんにょ
2014年12月22日 22:52
daikunomokichiさんこんばんは。
三端子レギュレータは普通に使って発振させたことがありません。だから発振防止用の積層セラ等は使用していません。むしろそれを使うことで、音質が変わるかもしれないという懸念があります(SEPP出力なので音声信号が電源のコンデンサを通ります)。
daikunomokichi
2014年12月22日 23:11
おんにょ様
入力のDCカットのコンデンサも理由があって省いているのでは気づいていましたが、電源ボードの発振防止コンなぜないのかなと思っていました。
「発振防止用の積層セラ等は使用していません。」
やはり理由があったのですね。
---
追伸ソフトンさん新春OFF会に参加したいと思い、計画中です。

この記事へのトラックバック