SG-205シングルアンプ・再改造

先日改造したばかりだが、またSG-205シングルアンプの改造をすることにした。

フィラメント電圧4V化の後、SG-205のカソード電圧を調整しようとしたら電圧が動いてやりにくい。これは初段の電流でグリッド電圧が大きく変化してしまうため。完成当初からわかってはいたけど、あまり気にしていなかった。


画像

上記回路の+B(463V)からR5で115Vに降圧しているところがVR1の調整で電圧が動いてしまうし、変動幅が大きい。この115Vのポイントを安定化できないか。

あまり複雑な改造はやりたくない。一番簡単なのはツェナーで安定化させることだろう。


画像

調べてみたら1N5380BRLGという120Vのツェナーがあった。1mA程度流せば電圧は120Vで安定していそうである。


画像

電圧配分は上記のようになる。115Vのポイントが120Vに上昇するが、VR1でグリッド電圧を調整できるので問題ない。


画像

回路図の改造部分を赤枠で示す。ツェナーと並列に47uFが入っているのでツェナーのノイズは吸収できるだろう。

これなら元々あった180KΩの代わりに51KΩ+62KΩ、電解コンデンサと並列にツェナーを入れるだけなので簡単だ。


画像

改造自体は1時間くらいで終わった。電源をオンにしてSG-205のカソード電圧を測定する。予想通り電圧は安定している。VR1を回してカソード電圧を87Vに合わせる。ZD1の電圧は120Vの設計に対し実測122Vだった。

諸特性を測定してみたが、改造前とほとんど同じで問題なし。残留ノイズも変化はない。

試聴してみても改造前と変わったところはみられない。

これまでフィラメント電圧の4V化、グリッド電圧の安定化と気になる点を改造してきたが、これで安心して聴けるようになった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2014年03月28日 08:28
5A6シングルでも71Aシングルでも同じです。
グリッド電圧を固定するか、出力のカソードを定電流で固定するかのどちらかなんでしょうが、グリッドの方が簡単ですね。
秋葉原のショップでは、高電圧のツェナーを扱っている所が見つかりません。
おんにょさんはどこから購入しましたか?
おんにょ
2014年03月28日 11:06
klmnjiさんおはようございます。
カソード定電流は独特の音色になるようです。高電圧ツェナーはRSコンポーネンツで扱っています。最低5個以上の購入となりますが。もちろん低電圧ツェナーを数個直列にしてもOKです。

この記事へのトラックバック