5A6プッシュプルアンプ・シャーシ塗装

毎度おなじみのスプレー塗装。詳細はコチラに書かれている記事を見て頂くとして、要点を少々。


画像

使用したスプレー塗料。今回はクルマ用のスプレーを使った。DIY店には置いてなかったのでクルマ用品店で購入。

小さいMT管を使ったアンプなのでシャーシをコンパクトに見せたい。そこで収縮色であるダークブルーマイカにしてみた。色はそこらへんを走っている濃紺のトヨタ車を見ればわかる。この塗料は上地にクリアを吹く必要がある。

ペーパーでの水研ぎは、傷や罫書き線、溶接の跡を念入りに消しておくこと。プラサフで埋めようとするとどうしても厚くなって、ロッカースイッチや真空管ソケットがはまらなくなったりする。

寒い時期における塗装のコツ。塗装する対象物をあらかじめ暖めておく。私の場合は簡易焼付塗装をするので赤外線ストーブを使っている。


画像

また、スプレー缶は湯せんする。ペットボトルの上部をカットして40℃くらいのお湯を入れ、塗布する前にスプレー缶を浸ける。

今回はプラサフ→焼付→プラサフ→焼付→本塗装→焼付→本塗装→焼付→クリア塗装→焼付のサイクルで行った。焼付の前に30分前後自然乾燥させている。


画像

簡易焼付塗装の温度は50℃前後。あまり温度を上げるとマスキングテープの粘着剤がシャーシに残ってしまうのでほどほどに。塗装が完了したらマスキングテープをはがす。貼ったままにしておくと、はがれなくなってしまうことがある。

クルマの場合は磨き~ワックス塗布までやるのだろうけど、アンプは屋内で使用するわけなのでやっていない。


画像

こんな感じになった。あまり光沢はなくて半つや消しのよう。あとトランスケースの塗装を行う予定だが、塗料の臭いで頭がヘンになりそうなので後日にする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

代書屋
2014年11月29日 12:45
ST管並3球アンプ修理中で塗装を知りたくて見ました。焼入れについて驚きましたが。車用の塗料を温めて使うのも驚きました。私は塩酸をかけてガスバーナーで炙り日立のミシン塗料を塗ったら重厚感が出るという話を聞いた事はありますが未塗装なので明るい色に仕上がるのでこのホームページを真似た方法を検討中です。
おんにょ
2014年11月29日 18:34
代書屋さんはじめまして。
拙ブログをご覧頂きありがとうございます。簡易焼付塗装は、あるOMさんから教わったものです。塗装1回毎に行うのが良いようです。寒い時期にスプレー塗装を行う時は、缶を温めてからのほうが塗料の粒子が細かくなります。

この記事へのトラックバック