歪率測定用アンプの改造

画像

つまらないことをブログの一記事にしてしまおう。
以前作った歪率測定用アンプをちょこっと改造した。


画像

回路図を上に示す。10KΩBカーブのボリュームをAカーブのものに交換。たったそれだけ。

被測定アンプの出力が1Wを超えてくると、レベル合わせをするためのボリュームを絞るのがとてもシビアになってしまい、使いづらかった。ならAカーブではどうかと思ったわけ。

結果はとても使いやすくなった。微調整用(Fine)のボリュームは不要な感じ。私が製作するアンプの出力は大きくてもせいぜい10Wだからこれで問題ない。それ以上のアンプを測定したらどうなのかわからない。

今のところ副作用はない感じ。歪率0.02%程度までは測定できている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック