ボリュームによる周波数特性の高域低下

ザ・キット屋コラム「プリアンプの効果」より
画像

拙ブログ「ボリュームによる周波数特性の高域低下」で少し書いたけれど、「パワーアンプの入力ボリュームを絞ると高域の周波数特性が劣化する」を検証してみた。


画像

パワーアンプには拙17JZ8 CSPPアンプを使い、入力にオシレータ(600Ωシャント)、出力に抵抗8Ωをつなぎ、オシレータの出力一定で入力ボリュームを絞りながら周波数特性を測定した。


画像

1KHzの2.83V出力(1W)を0dBとした時の-10dB、-20dB、-30dBの周波数特性を上のグラフに示す。-10dBでは高域の落ちが早くなっているが、-20dB・-30dBではあまり変わっておらず、-30dBではむしろボリューム最大時(0dB)と同じ周波数特性が得られているのがわかる。


画像

それぞれ1KHzのレベルを0dBとしてグラフを引き直してみた。やはり-10dB時の落ちが一番で、それよりボリュームを絞ると逆に高域のレベル低下が少なくなっているのが見てとれる。


画像

ツマミ位置と-3dBの周波数を表にしてみた。ツマミの位置にかかわらず高域の劣化が少ないのがわかる。


結論として、50KΩAカーブ程度の入力ボリューム、
プリアンプやCDプレーヤーの出力インピーダンスが600Ω以下のものを使用する限り、高域の劣化を気にする必要はない


但し、入力ボリュームに500KΩAや1MΩAを使用したり、プリアンプの出力インピーダンスが高いものを使用する時にはこの限りではない。

それでもCDプレーヤーを使用している時は、パワーアンプ直結よりもライン・プリアンプを通したほうが聴感上良かったりするのを経験しているから不思議だね。

似たような実験は拙ブログ「7C5ラインアンプのボリュームを交換」で行っているのでご参考。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2013年09月18日 21:48
>ライン・プリアンプを通したほうが聴感上良かったりする

これって、USB DAC でトランスを通したのに近い現象かなと思っています。
単純にプリを通せば歪みは増えるだけですから、可聴帯域外のノイズがスピーカ駆動時に影響していると考えるのが自然なのかなと思います。ただし、FETプリはこの限りではありませんが。
klmnji
2013年09月18日 22:03
初段の入力容量とボリュームでカットオフ周波数が一番低くなるのは-6dB(25kΩ+25kΩ)の時ですから、この実験の通りです。
でもその周波数は、真空管の特性やトランスから見れば十分高いから、殆ど影響ないはずです。
あるとすれば、述べられてるように高抵抗のボリュームや出力インピーダンスの高いプリを使った時で、今時の設計では良くないと考えた方が良いですね。あそこは、未だにそう言う設計なのか知らん。
おんにょ
2013年09月18日 22:50
klmnjiさんこんばんは。
ライン・プリに関しては、原因を1つに絞り込むのは難しいと思います。よくわかりませんが、トランス式DACではライン・プリ無しでも試聴での好結果が得られています。

昔の回路図をちらっと見た限りでは、メインアンプの入力ボリュームは100KAというのが多いようです。高めといえば高めですね。回路設計自体は発注先に丸投げでしょうから、出力インピーダンスの高いプリを想定しているからかもしれません。

この記事へのトラックバック