6922全段差動DCDCミニワッター・LM334の実験

さて、今日もつまらない基礎実験である。でも本人が楽しければよいのだ。

6922全段差動DCDCミニワッターには2SK30Aによる定電流回路があるが、Idss=1.65mAのものを厳密に選別する必要がある。何もそこまでしなくてもIdssの揃った2本で設計すれば良いのだが、他に方法はないか?

ということで、LM334による定電流回路を考えてみる。抵抗1本だけで定電流回路ができてしまうのはLM317と同じだ。


画像

LM334は1V程度の電位差さえあれば定電流にできるスグレモノである。


画像

ところが温度によって電流値が変化してしまう。20℃→80℃で0.2mA程度増加する。


画像

今回の実験回路を上に示す。LM334は手持ちの関係でMetal Canタイプを使った。電源は6VのACアダプター。
データシートを見れば抵抗値から電流が計算できそうなものなのだが、何だか難しいことが書かれていてよくわからない。だから実験するのが確実だ。


画像

温度(Ta=26℃)を一定にして電流と抵抗の関係を調べたら上記のグラフになった。1.65mAにおける抵抗値は大体43Ωくらいである。

実際はシャーシ内の温度上昇によって電流が増えるが、例えば50℃になったとして24℃の温度上昇があると0.08mA増加し1.73mAになる。これによって6922のグリッド電圧は0.72V上昇降下するが、回路に与える影響は微々たるものなので気にしなくてよいだろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2013年07月21日 20:11
2段直結でカソードが抵抗一本だと、終段のバイアスが変わってしまうので気になる所ですね。
でも、温度上昇で初段の電流が増えると終段の電流は減る方向だから、最低気温で6922のプレート損失がオーバーしなければOKかと。
終段もLM317の定電流とすれば気になりませんが。
おんにょ
2013年07月21日 21:29
klmnjiさんこんばんは。
すいません逆でした。グリッド電圧が下がります。
電源トランス版だとAC100Vの変動で数%、+B電圧が変わったりしますが、本機は電源が安定化されていますからその点では有利です。

この記事へのトラックバック