ロクタル管スーパー・トラッキング調整

ロクタル管スーパーの、現時点での問題点。

(1) バーニヤダイアルが特定の位置でスリップする

これはバリコンとバーニヤダイアルの接続にカップリングを使わずリジッドに取り付けてあるためで、ストレスがかかる位置でスリップしてしまう。バーニヤダイアルの取り付けパネルのネジを少し緩めることでスムーズに動くようになった。

(2) ハム音(50Hz)が大きい

スピーカーを取り付けた裏蓋をシャーシ本体へ固定したらハム音が目立つようになった。残留ノイズは7.3mV。+Bのリプルを測ってみたら5.6Vある。1KΩと60uFのCRフィルタを通した後でも0.2Vあった。

ブロックケミコンは60uF150V×3で、2つが未使用なのを利用して100Ωと120uFのCRフィルタを組んで整流後と+Bの間に入れてみた。+Bは4V下がったが、残留ノイズは1.2mVまで減少した。

これでハム音は聞こえなくなった。120uFはこの手のラジオとしては不似合いに大きな容量値だが、ケミコンの有効活用ということでご容赦を。

(3) 感度が十分なのかどうかわからない

これはトラッキング調整で後述。

(4) IFT-Bの上側調整ネジが飛び出している

調整ネジがかなり飛び出した位置で音量最大となる。同調コンデンサの容量が減少しているのかと思って47pFを並列に接続してみると、ネジがさらに飛び出してしまう。現状でもピークがブロードではないし、これでいいことにする。

(5) 音が絞りきれない・音量が急に上がる

ボリュームを最小にしても音が絞りきれない。ボリュームの中点をGNDに接続しても同じ。また、少し音量を上げただけで急に音が大きくなってしまう。ボリュームは500KΩAを使用。

おそらく7C6の二極部プレートから三極部への飛びつきがあるものと思われる。手持ちのPHILCOラジオ2台で確認したら同じなので、まーいいか。どっかんボリュームはAF部の利得を下げるしかないかなあ…。


画像

やはりトラッキング調整をしないと感度がどうなのかわからない。そういえば以前OMさんから頂いたトリマーがあったことを思い出した。何とかして取り付けるのだあ、ということで、バリコンの横にコバンザメのように固定してみた。


画像

トラッキング調整には以前レストアしたテストオシレータを使った。スケールの精度が低いけれど、ラジオに周波数目盛りが無いから何とかなるだろう。

テストオシレータはアッテネータを最小に絞る。バリコンを調整しながら600HKzでパディングコンデンサを回して最大音量になるようにする。続いて、バリコンを調整しながら1400KHzで同調側のトリマーを回して最大音量になるようにする。これを繰り返す。

本来は1400KHzでOSC側のトリマーを調整するんだけど、緩めるほど音量が上がるのでピークがわからない。このトリマーは不要か、あるいはもっと容量の小さいもののほうが良いかもしれない。

自作スーパーのトラッキング調整は初めてなのでちゃんと調整できているか心もとないが、実用上十分なのでこれで良いことにしよう。

受信周波数は540KHzから2000KHz。本来は1600KHz程度なんだろうけど、周波数目盛りが無いし気にしないことにする。

現状、気になる点はどっかんボリュームくらい。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とんとん
2013年04月21日 21:04
おばんです。出来ちゃいましたね、いとも簡単に!。お疲れさまでした。
ダイヤルメモリが無いし(100等分メモリは有りますが)、かなりの強電界地と思われますので、適当で良いやってのも解とは思いますが!。低い方はパディンクで、高い方はOSC-VCのトリマで受信範囲を設定し、その後、TUNE-VCのトリマで高い方の感度が最大になるように調整すると教科書には書いてあるかな?。現状はOSC-VCトリマが抜けすぎていて、トラッキングが厳密には取れていないような、気がします。スーパ用の自作コイルでは、トリマが抜けた方が感度が良いとか・・・etc。お使いのコイルは全て取り外し品と思いますので、メーカーが異なっていても、案外簡単に受信範囲の設定とトラッキングは可能と思います・・・・あかん、書き出したら止まらへんなる~!。
おんにょ
2013年04月21日 22:48
とんとんさんこんばんは。
パディングきつきつ・OSC側トリマーゆるゆる・最高受信周波数2MHzですから、同調側とOSC側のトリマーを締めて、アンテナコイルのインダクタンスを増加、ということですよね。まずは2つのトリマーを締めてトラッキング調整してみます。
トリマー要注意
2013年04月22日 13:27
トリマーのとりつけ逆みたい。
動く方をグランド、隠れている方をホット。
B電源側の RF/IF グランドは
2013年04月22日 13:55
回路図上で周波数変換段、中間周波増幅段の各 SG および IFT 出口の B電源側は、適宜の C一個で兼ねてグランドするのがよろしいかと。
おんにょ
2013年04月22日 18:12
???さんコメントありがとうございます。
トリマーに極性があったんですね。外側の極板がGNDとなるように修正します。あとコンデンサは入れ始めるとあちこちに入れたくなるし、現在異常発振が起きておりませんので保留にしておきます。
miya
2013年04月23日 20:59
こんばんは。何時も楽しみにしています。
ボリュームの件ですが。
昨年購入した 500kA S付もA特性が疑問で、結局
手持の中古ボリュームに交換して正常になりました。
おんにょ
2013年04月23日 22:04
miyaさんはじめまして。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
500KA・SW付のボリュームを他のと比較してみましたが、異常と思われる様子ではありませんでした。ボリューム最小で音が絞りきれない現象が関係しているのかな、と思っています。特に調節しにくい状態ではありませんので、そのまま使おうかと。

この記事へのトラックバック