10EW7シングルアンプ・コンデンサ交換

今回はコンデンサの音質にまつわる話である。主観的評価になるので、これを読まれる方は眉にツバをつけながらお願いしたい(笑)。

10EM7 DC-DCミニワッター(1号機)は音色が気に入っているものの、低音の量感がすこし足らないような気がする。そこで試しに出力段ショートループ・コンデンサを増量してみることにした。

100uFが入っていたのを220uFに替えた。低音が増強されるはずだったのだが、なぜか10EW7 DC-DCミニワッター(2号機)と音色が区別できなくなってしまった。艶のあるボーカルの声は失われ、透明感のある高音になった。あれれ?

2号機にはニチコンの220uFを入れていた。どうやら1号機にも同じ銘柄のコンデンサを入れたために音色が同じになってしまったようなのだ。

1号機のコンデンサを元の100uFに戻すと、今までの音色が出るようになりほっとした。


画像

ショートループコンデンサ周りの回路図(2号機)を上記に示す。このコンデンサには信号が流れるようになっている。つまり、このコンデンサの銘柄で音色が変化したわけだ。


画像

左の2個が東進工業の100uF250V。右側の2個がニチコンの220uF250V。左のがお気に入りの音色を奏でていたというわけなのである。東進工業のほうが音場の見通しも良い。

アキバへ初詣に出かけ、千石電商で東進工業の100uF250Vを購入、1個100円。早速2号機のコンデンサを交換した。

しばらく試聴。ようやく1号機の音色が2号機にも感じられるようになった。

ニチコンの名誉ためにも書いておくが、決して音的に劣っているというわけではなく、むしろ高音の透明感はこちらのほうが上である。だが、自分の音色の好みは東進工業のほうだった、というわけである。

コンデンサの銘柄をいろいろ替えて音色の変化を確認したいところなのだが、1号機も2号機も交換するのが大変なので、しばらくこのままエージングしてみるとするか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

ひでじ
2013年01月06日 20:59
こんばんは!
以前は電解コンデンサーの銘柄でなく、今回のC3とR4抵抗に並列に噛ませると、R4と並列の方が良かった話がありましたね。それとも
きれいに伸びる高域か
温かい中域(人の声)がいいのか
の人の聴き入る感性の話なのか?
好みの音って、分らないです
ちなみに、現在のコアキシャルppの音は温かい人の声が気に入っていてます(どうでもいい話でした)
おんにょ
2013年01月06日 21:42
ひでじさんこんにちは。
バイパスコンデンサをカソード抵抗と並列につなぐ場合とカソード~+B間につなぐ場合ですね。いつもどちらかが好みに合うというわけではなく、ケースバイケースなのでしょう。差動PPかDEPPかというと、いつもDEPPになってしまうんですが。

この記事へのトラックバック