EL32シングルアンプ・本番機が完成

画像

6SL7GTとEL32を入れ替えたり取り替えたりして残留ノイズが低くて利得の揃った組み合わせを探した。

再度、詳細な特性測定を行う。


画像

最初はレイアウト的な要因でLchの残留ノイズが高いのかと思っていたが、6SL7GTを左右入れ替えたら逆にLchが低くなった。


画像

周波数特性は125KHzにディップがあったのを見逃していた。たぶん試作機でも同様だったのだろう。低域も高域も早く減衰するかまぼこ特性だ。特性のフラットネスを追求する人はこういう特性のアンプに興味が無いだろうからスルーするように。

音楽を聴く上ではこんな特性でも問題ない。音楽でなくて音を聞く人はこういう特性のアンプに興味が無いだろうからスルーするように(くどい?)。


画像

クロストーク特性は、左右chがほぼ揃った曲線となった。残留ノイズの値が食い違っていると、平行移動した曲線となってしまう。20Hzから20KHzでは-60dBを確保している。


画像

歪率特性は、1KHzのみ歪み打ち消しが働いている。5%歪みでの出力は1.5Wであるが、1KHzだけなら2W出ている。


画像

Rchの歪率特性は幾分Lchより悪い。これは6SL7GTのユニットばらつきだろう。6SL7GTをもっと入手すれば、低歪みで残留ノイズの少ない特性が得られると思われるが、音に関しては変わらないだろうから無駄な投資はしないつもり。


画像

シャーシは奥澤のO-20T、W300×D150×H60でアルミ弁当箱の板厚は1.0mm。あと10mmシャーシが低かったら格好良くなったんだけどね。100μF400Vの電解コンデンサが平ラグに立てて実装できる高さの関係でこうなった。

ぺなぺなシャーシだから真空管を抜き差しすると少々ヤワだが、置いて使う分には問題ないし裏蓋をつけて少々補強してある。

シャーシ色はチョコレート。真空管のベースの色に合わせてある。シックな感じ。


画像

出力管のEL32とOPTがねじれるような配置になっている。右上のOPTがLchで、右下のがRch。RchのOPTの1次配線がLch初段の近くを通っており、R→Lのクロストークが発生してしまうので、OPTの配線に銅テープを貼ってアースすることで防止している。


画像

ヒューズの左側に見えるトグルスイッチは、出力管のヒーター電圧切り替え用。上だと12.6Vで、下だと6.3Vに対応する。インスタントレタリングを使おうと思ったけど、どうせ自分しか使わないし、わかるだろうと省略した。


画像

シャーシ内部。CRの素子が少ないからすっきりしている。真ん中の銅テープは前述のシールド用。


画像

出力管を12A6GTYに差し替えてみた。こちらのほうがデザイン的に統一が取れている。


画像

さらに出力管を6V6GTに差し替えてみた。6V6GTは動作的に余裕があるから、軽い使い方になる。

6K6GTも機会があったら試してみたい。某有名Webでは6F6族の評判は芳しくないが、そういうことを抜きにして試してみて自分に合うものを探すのも良いと思う。


画像

現状の回路図を示す。R14の1.62Mは1MΩと620KΩを直列にしている。1/2W~1W程度の酸化金属皮膜抵抗は耐圧が350V前後で、直列にすることで耐圧を稼いでいるつもり。

このアンプの音色は女性ボーカルの声がつややかに聞こえるように回路を決めてある。無色透明なのを好む人はこういうアンプに興味が無いだろうからスルーするように(笑)。

音楽が楽しく聴ける、長時間聴いても疲れないことをモットーにしている。細かい音色の差を聞き分けることが大事な人はこういうアンプに興味が無いだろうからスルーするように(笑笑)。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ハシ
2012年05月15日 10:23
始めまして、おんにょんさんのWEB楽しく拝見しております。
私もEL32のシングルアンプかパラシングルのアンプを作成しようと思っていますので、参考にさせていただきます。
おんにょ
2012年05月15日 17:33
ハシさんはじめまして。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
EL32(VT52)は音が気に入りプッシュプル、パラシングル、シングルと3台製作しました。
是非試されて音を確認するのが良いと思います。
管 良好
2012年06月11日 00:44
はじめまして、私もEL32のシングルを製作したことがあります。5結でOPTは7Kです。ドライブは、6EA8で3極側をカソードフォロアーにしてEL32をドライブし、初段のゲインが十分あるので、音色を聞きながらNFBを掛けたものが、最終版としました。OPTは、春日の54B57-OPTです、ヴォーカルを聞くのに使っております。お気に入りの作品で、6V6よりも気にいております。
おんにょ
2012年06月11日 18:14
管 良好さんはじめまして。書き込みありがとうございます。
EL32は見かけによらず好みの音が出るのでお気に入りです。省エネですしね。
eiki
2013年02月21日 22:25
5670Wパラプッシュプルアンプでいろいろお教え頂いたeiki(中山)です。その節はありがとうございました。
昨年10月くらいから貴ブログを手本とさせて頂きEL32に挑戦し、このたび何とか音が出るようになりました。しかし、電源部FETや5Wの抵抗が実測で80℃以上になります。1.5KΩ5W4個の抵抗も同様です。B電源電圧は336V、電流は実測で62mAと貴回路に記入される値とあまり変わりがないようです。
このように抵抗等が高温になるのは異常でしょうか。(異常ですよね)
タイムリーでない書き込みで、また質問になり申し分けありませんがコメント頂ければありがたいです。
P.S
 当方EL32が入手出来なかったのでVT52を使用しています。
おんにょ
2013年02月21日 22:51
eikiさんこんにちは。ご無沙汰しております。
回路の電圧が私のとあまり変わりないということですので、正常に動作していると仮定してFETは1.5W、1.5KΩは1.6Wの発熱となります。考えられるのはシャーシが私のに比べ小型で内部の温度が高めになっているのではないでしょうか?なお、私の作例では1.5KΩで暖められた空気が放熱穴を通って上昇すると共に、真空管で暖められた空気と合わせて放熱するしかけになっています。
eiki
2013年02月21日 23:52
早速のコメント、ありがとうございます。
もう少し見直して見ます。
真空管の周りの穴は、真空管の熱で発生する上昇気流でシャーシ内の熱気を排気する穴とのこと、そのメカニズムに感動しました。真空管周りの穴は好きではなかったのですが見方が変わりました。
今後も気ブログで楽しく勉強させて頂きます。
ありがとうございました。
おんにょ
2013年02月22日 20:16
eikiさんこんにちは。
GT管やST管は周りに小穴を開けるか落とし込みにすれば良いのですが、MT管はソケットからシャーシに放熱しているのでシャーシ面積を減らすと温度が高くなってしまいます。また、ミニアンプで出力を欲張るとシャーシが高温になりやすいのでご注意下さい。
klmnji
2015年04月29日 20:43
私もEL32シングルできました。
ぺるけさんのMiniWatter71Aを踏襲し、初段電源をツェナーで押さえ、エミッタフォロアーでドライブしました。
Ep=210V,Ip=19.2mA,Eg=-19V
出力=0.7W,利得=4.7倍,NFB=6dB,DF=5,残留雑音=0.16mV
でした。
来年のソフトン新年会に持って行く予定です。
おんにょ
2015年04月29日 20:56
klmnjiさんこんばんは。
EL32シングルアンプの完成おめでとうございます!
ものつくりの掲示板に投稿されてはいかがでしょう? Analog Discoveryの話題ばかりではつまらないでしょうから。

この記事へのトラックバック