5670Wパラプッシュプルアンプ・部品がそろった

5670Wパラプッシュプルアンプの進捗。

意を決して?ケースの穴開けをする。丸穴しかないから、ほどなく完了。部品が干渉せずにちゃんと取り付けられるかどうかは、実際にやってみないとわからない。

ソケットを下付けにしようと思ってたのに上付けで穴を開けちゃった。アンプ部の平ラグに部品を取り付けたら殆ど交換不可能。平ラグを外すのは困難になる。

ま、なんとかなるべえ、というか、なんとかすべえ。


画像

アキバへ出かけて足らない部品を買ってきた。一応これで全部の部品が揃ったことになるが、何か回路変更があった場合にはまた買い出しに行かなければならないかもしれない。

千石電商で1.5MΩ1/2Wの高抵抗が手に入らず、これだけは瀬田無線で購入した。200Vの電圧がかかるところなので、1/4Wだと何となく耐圧が足らないのでは、という不安があった。

消費電力は0.03Wだから、ディレーティングを考慮しても1/4WでOKだ。後で調べてみたら、1/4W・許容差±5%のカーボン抵抗でも最高使用電圧は300Vだからクリアしている。1本5円のやつね。あんなちっこいのでもずいぶん耐圧が高いんだなあ。

何で1/2W・許容差±5%のカーボン抵抗は1MΩまでしか売ってないんだろうな? きっとそんな高抵抗は需要が無いんだろう。

私がいつも使っている酸化金属皮膜抵抗は燃えない。白熱化?した後、断線する。カーボン抵抗は燃える。燃やしたことはないけれど。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック