バンブーオーナメント・スピーカー その2

前回のタイトルにその1と書いたのはわけがあって、バスレフの動作はどうなってるのかな?と思ったからだ。バスレフについては良く知らないのでちょっと調べてみた。

バスレフのポート長を算出するには、エンクロージャー容積、ポート開口面積、チューニングF0のパラメータが必要なことがわかった。


画像

ポートの開口面積とチューニングF0を固定し、エンクロージャー容積とポート長の関係をグラフ化してみたのが上の図だ。エンクロージャー容積が小さいほど長いポートが必要なことがわかる。


画像

エンクロージャー容積とチューニングF0を固定し、ポートの開口面積とポート長をグラフ化してみた。開口面積が大きいほどポートが長くなる。


画像

エンクロージャー容積とポート開口面積を固定し、チューニングF0とポート長をグラフ化したもの。F0が低くなるほどポートが長くなる。

エンクロージャー容積:3.4リットル、ポート開口面積:7cm2、ポート長:11.7cmでのチューニングF0は計算では67Hzとなった。


画像


画像

次に、オシレータとアンプ、抵抗、ミリボル、スピーカーを接続して、スピーカー端子の電圧を測定してみた。縦軸の0dBはいいかげんだ。こんな測定方法で良いかどうかはわからない。

それぞれポートをふさいだ密閉(青線)の場合と、バスレフ動作(赤線)でのSP端子電圧を示す。密閉では150Hzがエンクロージャーに取り付けた時のユニットのF0だ。カタログでのF0は110.7Hzとなっているから、ずいぶん高域に移動するんだね。

また、バスレフではフタコブラクダになっており、160HzがユニットのF0、100HzがバスレフポートのF0と思われる。

計算と全然合わないけれど、エンクロージャーの形状にも依存するのだろう。周波数特性は調べることができないが、ポートのチューニングF0はほぼ妥当ではないかなあ? よくわからないけれど。

サランラップの芯はなかなか用意できないので(笑)、安くてポート代わりになるものがあったらポート長を変えて試聴してみるつもりだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック