カスコード回路の実験・その2

前回に引き続き、カスコード回路の実験をやっている。カスコード回路の勉強も兼ねているから、もし間違っていたらご容赦。


画像

三極管のグリッド電圧は固定されているので、FETのドレイン電圧はほぼ一定となる。FETは入力信号に従ってバイアス電流の2mAを中心に上下する。三極管+負荷抵抗の電源電圧は+BからFETのVDS(=15V)を引いた値(335V)となり、ロードラインは負荷抵抗の値(100KΩ)となる。


画像

上に示した回路でのロードラインは、12AU7Aの電源電圧350-15=335Vの点から100KΩで引く。動作点はプレート電流が2mAの所とロードラインが重なった点となる。動作点の電圧は140V。

計算上の最大振幅は335-35=300Vp-pまで取れるが、動作点が左に偏っている。ロードラインを立てれば偏りは少なくなるだろう。


画像

そこで負荷抵抗を82KΩに減らして実験してみた。記入してある電圧は実測値。


画像

これをもとに再度ロードラインを引いてみると上記のようになった。動作点の電圧が上がってバランスが取れたかな、という感じ。

前回の実験ではオシロとミリボルを負荷抵抗につないでいた。ところがオシロの入力容量が大きく、1KHzでもかなり出力低下が見られることがわかった。仕方ないのでオシロを接続せずに出力電圧を見ることにした。

計算上の最大振幅は339-40=299Vp-p、ミリボルで測定したところ100Vrmsは出力が出ていたから100*2.83=283Vp-pはクリアしていることになる。

利得は実測330倍。FETのgmを計算してみると330/82K=4.0mS(ジーメンス)となった。


17JZ8 CSPPアンプのドライブ電圧249Vp-pはクリアすることがわかった。ところがカスコード段の+Bである350Vを作るのが難しい。電源トランスPMC-190Mの220V端子から両波整流すると+Bは約286Vと低いし、180V端子から倍電圧整流すると約468Vもの高電圧となってしまう。

やはりブートストラップ方式が電源回路が簡単になるし、ドライブ電圧がクリアできればこのほうがいいかも、って気がする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ARITO
2011年09月03日 21:53
良い結果が出ましたね。これでロードラインもマスターできたのではないでしょうか?

ブートストラップについては下のページにちょっとだけヒントがありますので、参照していただけたらと思います。
 
http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/25CD6GB/25CD6GB_CSPP.htm
おんにょ
2011年09月03日 22:30
ARITOさんいつもありがとうございます。今度17JZ8の三極部を使って電源トランスからの給電とブートストラップの場合とを比較してみます。
ARITO
2011年09月03日 23:51
難しい比較ですね。
答えが出たら教えて下さいね。
私も勉強させていただきます。

この記事へのトラックバック