カスコード回路の実験

17JZ8のCSPPドライブ電圧249Vp-pというのがどうしても気になるので、カスコード回路を組んで実験することにした。単段で出力250Vp-pは可能なのか?


画像

初段FETに2SK170BL、Idssの近いものをペア組みした。今回はカスコード上側のデバイスをトランジスタでなく三極管で試す。17JZ8は手持ちに無いので、μの近い12AU7Aで代用。負荷抵抗はパーツ箱をがさごそして100KΩを使用した。


画像

結果は250Vp-pには及ばず、1KHzのサイン波で200Vp-p(差動の片側)程度に留まった。利得は263倍。

負荷抵抗に100KΩという高抵抗を使ったが、オシロやミリボルを接続するだけで高域の周波数で減衰が激しい。カスコード回路の出力は高インピーダンスなんだね。また、+Bの電圧を上げても、負荷抵抗を増やしても、この回路では200Vp-pの出力が限界のようだ。

目標の出力を10Wとし、出力管での利得を1.6とすると、ドライブ電圧は197.7Vp-pとなり、なんとかドライブできるかな、という値となる。

ドライブ電圧を稼ぐ方法としてはブートストラップがある。これを用いると、ドライブ電圧を2~3dB程度(1.26~1.41倍)アップできるらしい。でも実際に回路を組んで試そうにも、出力トランスも真空管もない。

アンプの出力を10W程度に抑えてフルドライブを目指すか、それともブートストラップ回路対応とするか。あるいは別のドライブ回路にするか。

まだまだ課題は多そうだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ARITO
2011年09月02日 20:40
動作点が不適当ではないでしょうか?
ロードラインを引いてみればよく分かると思います。
電源電圧をフルに使える動作点にすれば、もう少し最大振幅を稼ぐことが出来そうですよ。
おんにょ
2011年09月02日 21:26
ARITOさんこんにちは。
その後の実験でオシロのプローブを外したら100Vrms程度出力が出ていることがわかりました。283Vp-pという値なのですが本当かな? 動作点はロードライン引いて考えてみます。
ARITO
2011年09月03日 08:48
プレート供給電圧が335V、仮に12AU7がプレート電圧35Vまで振れるとすると最大振幅は300Vp-pになりますので、差動の片側で283Vp-pが取れてもおかしくはありませんが、動作点が偏っているので今のままでは難しいのではないでしょうか?
おんにょ
2011年09月03日 18:13
ARITOさんどうもありがとうございます。引き続き実験結果をアップしましたのでご覧下さい。

この記事へのトラックバック