6N6Pプッシュプルアンプ・詳細回路設計その2

どんどんつまらなくなるおんにょの真空管オーディオ(笑)。
AB級で出力1.3Wを狙うより、A級で1W弱でもいいんじゃね?ということで思い直して再設計してみた。

+Bが低くなっても良いので、電源トランスを春日のKmB150Fから当初予定のH12-0429に戻す。


画像

6N6Pの動作点をEbb=160V, Ip=14.4mA, Eg=-6.2Vとしてみる。これは拙作6N6P直結パラシングルアンプの動作点とほぼ同じだ。

出力はPo=(Ebb-Epmin)*(Ipmax)/2=(160-71)*(0.0225)/2=1.0W。実際は出力トランスの損失を考慮して0.9Wといったところ。


画像

回路は上記のようになった。ブリッジ整流を両波整流とし、6N6Pのカソード抵抗R6が620Ωに変わっている。

ここで、+Bの電圧設定用半固定抵抗VR3をいじって電圧を上げてみる。


画像

6N6Pの動作点はEbb=172V, Ip=12.7mA, Eg=-7.4Vとしてみよう。するとAB級に近くなる。

出力はPo=(Ebb-Epmin)*(Ipmax)/2=(172-75)*(0.024)/2=1.16W。トランスの損失を考慮すると出力は1.0W。


画像

回路はカソード抵抗R6を750Ωとしている。ただしAB級でも+Bの電流余裕が殆どないから、最大出力付近は苦しくなりクリップが急激に起こるかもしれない。


出力を欲張らずにA級DEPPとしたほうがパラシングルとの比較ができて良いに違いない。VR3とR6を変更すればAB級に近くなって出力が増加する。0.1Wの微々たる差だけど。

更に回路の小変更で出力段を差動にできるし、前回よりもこちらのほうがメリットが多そうだ。

…というところまで妄想が進んだのであった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2011年08月26日 22:32
ご存じだと思いますが
電源ON後VR3には最大203Vの電圧がかかります。電力にして約0.2Wで、抵抗値が小さくなる程電力は増えます。
値が決まった後、1/2W程度の固定抵抗に置き換えないと破損してしまいます。
おんにょ
2011年08月26日 23:15
こんにちは。klmnjiさんコメントありがとうございます。
VR3にはいつもコパルのRJ-13P半固定抵抗を使っています。耐電力は0.75Wとなっています。それでも接点の劣化があるとまずいので、固定抵抗に換えたほうが良いでしょうね。

この記事へのトラックバック