6P1Pシングルアンプ・シャーシの製作

いつものマンネリだが、シャーシの製作過程をブログにしてみた。

奥澤でアルミシャーシO-47を購入した。サイズはW230×D140×H50、t1.5mm。那須好男氏の6BQ5シングルアンプはW250×D140×H45で、私のより少し大きい。サイズを変えてあるのは、トランスカバーが細長いため、シャーシを小さくしないとバランスが取れないからだ。


画像

画像のサイズが大きいが、小さくすると線が見えなくなってしまうのでご容赦。
今回もシャーシ設計をSakraCADで行った。OSはWindowsXPまでしか対応していないが、Windows7でも実使用上問題ないようだ。

電源トランスと出力トランスを斜めの配置にすると、電源トランスの漏洩磁束によるハムが出る可能性があり、本来は良くないのだが、デザイン優先で残留ノイズは妥協しよう。ノイズが気になるほど大きかったら、トランスケースに入れるしかない。


画像

実寸で印刷して、シャーシに貼り付けたところ。この後、物差しとカッターで罫書き線を入れる。


画像

紙を剥がしてシャーシにフェルトペンで加工するところをマークする。
今回からオートポンチを導入してみた。ところが老眼のため、やはりセンターが出せない。両手がフリーになるヘッドルーペはどうだろう。使いやすいものがあったら教えて欲しい。


画像

1.5mmのドリルで下穴を開け、3.2mmのドリルで穴を拡大し、それ以上の径のものはステップドリルを使用した。大穴はシャーシパンチで、角穴はコッピングソーで開けた。


画像

400番のペーパーで水研ぎしたところ。罫書き線はこれで殆ど消える。


画像

次にプラサフで下塗りしたのだが、写真を撮り忘れたm(_ _)m。今回はあまり見慣れない色を使おうということで、いろいろ悩んだが、アサヒペンのコロラドグリーンで塗ることにした。


画像

で、塗り終えて乾燥中のシャーシ。実物はもっと緑っぽい。もっと鮮やかな深緑が良かったが、市販のスプレーであるし、これで良しとしよう。


画像

電源トランスのカバーをハンマースプレーで塗装。これで出力トランスのカバーと同色になった。つまらんこだわり(笑)。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

nobu
2011年05月24日 21:30
ヘッドルーペ3年ほど前から使っております。
Amazonで ヘッドルーペ(レンズ4種付属)
の旧型を買いました。
やや、ツバの部分が重く前にずれる、旧型で電球がLEDで無かったので電池がすぐ消耗する等の欠点がありますが、今はこれ無しには電子工作はできません。今は随分安くなってますね、僕のは3千円弱でした。
おんにょ
2011年05月24日 22:17
nobuさん情報ありがとうございます。
ヘッドルーペといっても沢山製品があるので迷います。今度、評価の良さそうなのを探してみます。

この記事へのトラックバック